藤原良頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
藤原良頼
時代 平安時代中期
生誕 長保4年(1002年
死没 永承3年6月4日1048年7月17日
官位 正三位権中納言
主君 後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇
氏族 藤原北家中関白家
父母 父:藤原隆家、母:藤原宣斉[1]
兄弟 良頼経輔、行昭、隆明、敦儀親王妃、藤原兼経室、季定、家房、良員、政則?
源経房娘、藤原伊周次女・周子
良基、忠俊、家基、良朝、親快、
源基平室、藤原基貞
テンプレートを表示

藤原 良頼(ふじわら の よしより)は、平安時代中期の公卿藤原北家中関白家中納言藤原隆家の長男。官位正三位権中納言

経歴[編集]

治安3年(1023年)に蔵人に補せられ、長元9年(1036年)の後朱雀天皇践祚と同時に蔵人頭となり、同年12月18日に参議に転じた。長久3年(1042年備前守永承2年(1047年)10月3日に権中納言に任ぜられたが、翌永承3年(1048年)に薨去。

源基平に嫁いだ娘が生んだ外孫源基子後三条天皇の寵愛を受けて、実仁親王輔仁親王を生み、一時有力な皇位継承候補者となった。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿補任』では宣斉とあるが、『尊卑分脈』は景斉とする。