践祚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

践祚(せんそ)とは、天子の位を受け継ぐことであり、それは先帝の崩御あるいは譲位によって行われる。古くは「践阼」と書き、「践」とは位に就くこと、「阼」は天子の位を意味する。これに続いて位に就いたことを内外に明らかにすることを即位という。

概要[編集]

日本においては、桓武天皇以前は即位と同義であった。第51代天皇である平城天皇は、即位に先立ってこの践祚を行い、その後に即位式を行っている。これ以後、践祚と即位の区別がなされるようになったと思われる。

ちなみに、践祚のみで即位式が行われず、ごく短期間で廃位となった仲恭天皇は「半帝」と呼ばれ、太上天皇号も崩御後の諡号も贈られず、崩御から636年後の1870年(明治3年)、ようやく「仲恭」の諡号が贈られた。

天皇が崩御した場合の践祚は「諒闇践祚」、譲位の時の践祚は「受禅践祚」と称し、古くはその儀式に違いがあった。これは、譲位の際、前天皇が譲位の宣命を出す『譲位宣命宣制』が践祚の最初の儀式として行われるためである。2014年現在の皇室典範上は、譲位及び受禅践祚が制度化されていない。そのため、践祚は崩御時に限られている。

践祚にかかる儀式を『践祚の儀』といい、先帝崩御後直ちに行われる『剣璽等承継の儀』及び新帝が即位後初めて三権の長内閣総理大臣衆議院議長参議院議長最高裁判所長官)を引見される『即位後朝見の儀』は共に国事行為とされ、先帝の諒闇が明けて行われる御大典即位の礼大嘗祭)へと続く。

践祚し皇位を継承するには『三種の神器』を先帝から受け継ぐことが必要とされる。

三種の神器は八咫鏡八尺瓊勾玉天叢雲剣で構成されるが、その内八咫鏡は祀られている賢所を含む宮中三殿を相続する事によって受継ぎ、八尺瓊勾玉・天叢雲剣を受継ぐ儀式が剣璽等承継の儀となる。皇位そのものの証明は三種の神器の所持を以て挙げられるため、南北朝正閏論に於いては神器が無いまま即位した北朝の正当性が否定される根拠の一つとなっている(ただし、南朝正統論者でもこれを採用しない論者がいる)。

現行の皇室典範は、

  1. 第四条 天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。
  2. 第二十四条 皇位の継承があつたときは、即位の礼を行う。

と定めている。

ここにいう「即位」は、平城天皇から昭和天皇に称された「践祚」と同じ概念である。昭和天皇までの「即位」は、現行皇室典範の「即位の礼」に当たるものと解される。なお神社庁関連などでは、今上天皇にも「践祚」を用いている。旧皇室典範では第10条に「天皇崩スルトキハ皇嗣即チ践祚シ祖宗ノ神器ヲ承ク」(原文正字体)とあった。

関連項目[編集]