女系天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

女系天皇(じょけいてんのう)は、日本において母のみが皇統に属する天皇を指す呼称である。母系天皇と称されることもある。

語句の類似から、単に女子の天皇を指す女性天皇と混同されることも多いが、皇統についての「女系天皇」と、天皇個人の性別についての「女性天皇」とは異なる概念である。その天皇自身が男か女かという別とは関係がなく、概念上は女系男性天皇と女系女性天皇の両方が存在しうる。また逆に、男系についても、男系男性天皇と男系女性天皇が存在しうる。

古事記』、『日本書紀』やその他歴史書の記載によれば、日本の皇統は初代神武天皇から現在の第125代今上天皇まで男系の血筋のみで続いてきたとされる(いわゆる「万世一系」。その信憑性については諸説あるが、少なくとも「高群逸枝(民俗学者)が古代は母系制であったと主張している」というのは誤認である。高群が提示した概念は「父系母族制」という名称の通り、母権的であってもあくまで父系(=男系)であった)。神武天皇以来、男系で続いてきたことを万世一系とする立場からは、女系天皇は即位しても神武天皇以来の皇統に属さず、その結果として日本史上初の王朝交代が生じる、という意見も出されている[誰によって?]

女系天皇[編集]

「天皇の男系子孫のみが皇位を継承できる」というのは、明治期にそれまでの継承経緯とされるものを元に成立したものである。日本の有史以来ただの一度の例外もなく皇族は全員男系の人間のみで構成されていたので、自動的に天皇は男系限定だったのである。

一般に女性天皇は過去に8人10代存在するとされ、その内の6人8代は6世紀末から8世紀後半に集中するが、いずれも天皇または皇子を父に持つことは事実である。また、未婚(生涯独身)か天皇・皇太子の元配偶者(未亡人、再婚せず)かのいずれかであったとされている(下掲系図を参照)。皇族女子が非皇族男子と結婚しても、その間に生まれた子が皇族となることは決してなかった。ただし、当時女性皇族を母に持つ人間は「宮腹」と呼ばれ、普通の貴族より高貴な存在と目されていた。また、欽明から推古、斉明にかけての系譜にも少なからず改ざん・造作が行われたとの説もあり、系譜自体も慎重な検討が必要であるとする説もある。

それ以前の皇統については、折口信夫の主張する中天皇論等を考慮すれば、女系天皇(純然たる女系あるいは男系でなく双系という意見もある)であった可能性も少なくないとの説もある。

明治以前は、天皇が在位していない期間に天皇として役割を果たした神功皇后を天皇とみなしていた(神功皇后の男系祖先は開化天皇であり、仮に神功皇后を天皇とみなしても男系女性天皇にあたり、女系天皇即位の前例になるわけではない)。ほかにも、飯豊皇女春日山田皇女なども政治を司ったという意味で天皇ではなかったかという考え方もある(両皇女も同様に男系で皇統に属する皇女であり、女系即位の前例にはならない)。さらに徹底して、折口信夫中天皇あるいは民俗学者[誰?]がいうヒメ・ヒコ制で歴史を整理すれば、『古事記』・『日本書紀』の矛盾の多くが解決し、巨大古墳の被葬者の治定も容易に定まることになるとする意見もある(が、このことは特に皇位継承が女系足り得たかどうかとは関係しない)。

なお、第38代天智天皇、第40代天武天皇、第42代文武天皇など女性天皇の子が即位した例もあるが、その子の父親すなわち女性天皇の夫もまた天皇・皇太子である(下掲系図を参照)。また、歴史学界からは相手にされない説であるが、鎌倉時代の『一代要記』、南北朝時代の『本朝皇胤紹運録』に記載の天武の年齢に基づくと、天武は天智より4歳年長であると解釈できることから、一部の研究家により第40代天武天皇の父親は第34代舒明天皇でないとする仮説(佐々克明小林恵子大和岩雄ら)が提唱されており、その場合、父系祖先が天皇でない場合に限り、母親が第37代斉明天皇であったことが皇位継承の条件であったことになるとの主張もあるが、これは仮説であり正式なものとはされていないうえ、父系祖先が天皇でなかったことが証明できないので成り立たない。しかしこの説によるならば、その系譜から第38代天智天皇らも男系ではなく女系の天皇と見なすこともできる可能性を見出すことができないわけではない。『古事記』、『日本書紀』にはさまざまな造作が加えられているとされるが、その問題の1つには天皇が男系で継承されてきたように記した点である。古代、氏族としての帰属は父系を原則としていたのは事実としても、生活習慣は基本的に母系制であり、家の継承が常に父系的に行われていたとは考えられないのではないだろうか、ということである(その後の時代も婿養子という制度は残されている)。

現在の日本においては、結婚した夫婦は民法上どちらかの姓を名乗り、その子もその姓を名乗ることとなっているが、現状でそのほとんどが男子(父)の姓を名乗っている。姓をもって家の継承と見なすならば国民においても男系継承が一般的であるといえるが、婿養子あるいは娘の子が跡を継ぐことも少ないながら存在し、かつての女系継承の残滓ともいえるものも見受けられる。

凡例 太字は天皇(括弧内数字は代、赤太字は女性天皇)、太線(┃)は実子、細線(─)は夫婦。
   過去の女性天皇の解説を中心としているため、一部省略した箇所がある。

蘇我堅塩媛┰欽明天皇(29)┰石姫皇女
     ┃       ┃
   推古天皇(33)─敏達天皇(30)┰広姫
                  ┃
         大俣女王┰押坂彦人大兄皇子┰糠手姫皇女
             ┃        ┃
       吉備姫王┰茅渟王       ┃
           ┃          ┃
          皇極天皇(35)──┰──舒明天皇(34)
          斉明天皇(37)  ┃
         ┏━━━━━━━━┫
         ┃ 蘇我遠智娘┰天智天皇(38)┰蘇我姪娘
          ┃      ┃       ┃
        天武天皇(40)┰持統天皇(41)  ┃
              ┃         ┃
             草壁皇子──┰──元明天皇(43)
            ┏━━━━━━┻━━━━━┓
           元正天皇(44) 藤原宮子┰文武天皇(42)
                       ┃
                光明皇后┰聖武天皇(45)
                    ┃
                   孝謙天皇(46)
                   称徳天皇(48)

徳川和子┰後水尾天皇(108)
    ┃
  明正天皇(109)

二条舎子┰桜町天皇(115)
    ┃
  後桜町天皇(117)

男系男子から皇族女子への「婿入り」[編集]

過去において、見ようによっては「婿入り」と見られる事例が少なくとも3例ある。

1つは第26代の継体天皇の場合であり(記紀による)、継体天皇は越前(現在の福井県)もしくは近江(滋賀県)に住んでいた応神天皇の5世孫(曾孫の孫)とされており、第25代武烈天皇が崩御した後、直系に女子はいたが男子がいなかったため地方から迎えられて天皇となった。第26代継体天皇にはすでに后がいて、男子も少なくとも2人(後に第27代安閑・第28代宣化の2天皇となる)いたが、畿内に入ってから武烈天皇の姉妹である手白香皇女と婚姻して即位し、後の第29代欽明天皇をもうけた。また、安閑・宣化の2天皇も同じようにそれぞれが武烈天皇の姉妹を娶っている。

もう1つは第49代光仁天皇の場合で、天皇は第38代天智天皇の男系の孫であるが、父親は皇位継承権を持った親王、第38代天智天皇の子志貴皇子であった。天皇は女性天皇である第48代称徳天皇の姉妹であり、第45代聖武天皇を父に持つ皇女井上内親王を娶っており、他戸親王をもうけていた。第46代孝謙天皇(称徳天皇の重祚)が退位し、譲位した相手方は、舎人親王の子第47代淳仁天皇(淡路廃帝)であったが、淳仁天皇は女性皇族を妃に迎えてはいなかった。淳仁天皇は孝謙上皇によって廃され、孝謙上皇が重祚した称徳天皇が独身のまま崩御した。天武天皇直系の男子がいなくなった時に天智天皇直系の男子である光仁天皇が擁立され、他戸親王が年少でありながら皇太子となった。しかし間もなく母井上内親王の謀反による廃后とともに他戸親王も廃太子となり、皇太子は、光仁天皇百済王族の末裔の娘高野新笠との間に生まれた山部親王、後の第50代桓武天皇となった。

3例目の第119代光格天皇の場合。彼は閑院宮典仁親王の第6王子であったが、直系の第118代後桃園天皇が崩御したときに皇子がいなかったため、急遽後桃園天皇の養子となった上で即位したが、長じて、後桃園天皇のただ一人の皇女欣子内親王を中宮に立てている。ただし、欣子内親王の子である親王・内親王は夭折し皇位を継いではいない。

男系の継続に関する疑い[編集]

天皇は万世一系とされているが、それに関する疑義があるとされる。第26代の継体天皇で血筋が一度途絶えているとする説があり、壬申の乱南北朝時代など一系ではなかったとの説などである。これを元に男系が継続した万世一系とは言えないという主張である。

女系天皇の前例とされるもの[編集]

第44代元正天皇は母親である第43代元明天皇から皇位を譲られており、母親のみが天皇である。父親・草壁皇子皇太子であったが即位しておらず、天皇である母親から皇位を継承している事から、元正天皇は女系天皇であるという説である。また元正天皇は男系を辿れば天武天皇の孫に当たる3世皇族であるが、即位前から母親の元明天皇の血筋により内親王とされていた。

この問題について「女系天皇」とは何をもって「女系」としているかによって元正天皇の位置づけが変わる。確かに「天皇という立場」から見たら母親から皇位を譲られている「女系天皇」と言えるが、「血統」から見たら父親・草壁皇子は皇統に属する男系の男子の皇族でもあることから、男女双系天皇であると考えるのがふさわしい。ただしそれは、多くの男系天皇とされている諸天皇にもあてはまる。

また、この元明天皇元正天皇の前例に則り、仮に女性皇族が即位しても夫が皇統に属する男系男子の旧皇族旧宮家)であれば男系が維持されるという意見もある。

男系原理の由来[編集]

娘に家の継承を認めないという中国を発祥として朝鮮経由で渡来した家父長的氏族制度の影響もあるだろうが、それだけですべてを説明することはできない。中国の歴代王朝では男系女子の王や皇帝が一人も現れなかった(武則天は唐を断絶させて新王朝である武周を興しており、唐の歴代皇帝には含まれない)が、朝鮮では新羅において男系女王が3人即位しているなど、日本と中国の間だけでなく、中国と朝鮮の間でも若干の相違があるためである(しかしいずれも女系継承を認めていない点で共通、一貫している)。

旧皇室典範がはじめて男系の継承原理を成文法とし、現在の皇室典範もこれを踏襲したが、戦前も戦後も政府としての公式解釈は存在していない。半官の逐条解説書『皇室典範義解』も、旧皇室典範第1条の男系継承規定について「皇家の成法」「不文の常典」であるとするのみである。

ただし、多くの王朝がそうであるように日本の皇統もまた、これまでに何度も皇族男子の不足から断絶の危機に直面している。男系継承を固守するよりも女系を容認した方がはるかに容易な場合もあったにもかかわらず、時の朝廷や幕府は常にこれを強力に拒否し、男系継承の維持を選択してきた。

その理由は、記紀神話における「天壌無窮の神勅」に求めることができるとの誤解にある。すなわち「男系継承は神代、初代神武天皇以前から定められていた掟であり、一貫して続いてきた伝統である」という認識である。そのため男系でない「万世一系の皇統に属さない女系天皇は天皇といえず、皇祖皇宗アマテラスや歴代天皇の霊)からも天皇として認められない」という神話的な理由ではないかと考えられる。

このような視点から男系護持論者の中には、「女系天皇の容認論は、天皇制廃止のための布石ではないか」と述べて女系容認論を非難する者もいる。実際、女系を認めた場合は男系で継承する王朝交代の原則に従い、前述した通り次々と王朝が交代し、現皇室との関係は年を追って薄れていくことになり、この懸念が肯定されることとなる。

諸外国の例としてイギリス王室について述べると、ハノーヴァー家の男系女子であったヴィクトリア女王の死をもってハノーヴァー朝は終わり、後継者エドワード7世は父アルバート公の出身家系によりサクス=コバーグ=ゴータ(ザクセン=コーブルク=ゴータ)を家名としたが、これは王朝交代と看做されている。また現在の皇太子チャールズは即位した場合、母エリザベス2世の家名ウィンザーは残すものの、父エディンバラ公フィリップの出身家名であるマウントバッテン(起源はフィリップの母方の姓)との複合姓でマウントバッテン=ウィンザーに家名を改めることを公表している(エディンバラ公フィリップの父方は、旧ギリシャ王家(デンマーク王家の分枝である)のグリュックスブルク家である)。

欧州王室との相違[編集]

ヨーロッパの王室は日本の皇室とは歴史的背景等が異なるので同列には並べられないが、ここに相違点を以下に挙げる。

  • かつてヨーロッパの多くの国では、王位を男系男子のみに継承させていた(男系女子を排除する点で日本と異なる)。これは、サリカ法典やその影響を受けた部族法などにおける男子のみ土地を相続するという規定が、後世に王位継承法として援用されたためである。キリスト教圏は一夫一妻制なので、どの国でも歴史上、男系男子の断絶により女系の王族が即位し、新たに王朝を開くということがしばしばあった。そのため、少なく見積もってもほぼ1500年は確実に系譜を辿り得る日本の皇室のような王朝は、約800年にもわたってフランスを統治し、現在もスペインを統治しているカペー朝の男系一族を例外として存在しない。
  • キリスト教の影響で側室を認められていなかった。さらに王の妾の子供は私生児であるため王位継承権は存在しない。このため男系男子のみに継承させる制度自体がキリスト教国においては不可能に近い。日本においては側室が認められていたので叔父や甥まで含めると男系男子が多数存在しその維持に問題が存在しなかった。
  • ヨーロッパでは男系であれ女系であれ、代々王族同士(他国の王族ないしこれに準ずる有力貴族を含む)の間に生まれた嫡子のみに王位を継承させていた。王族の国際結婚が盛んで、父が他国の王族であっても血縁は繋がっていることが多かったため、女系による王朝交代が円滑に行なわれたのだとする説もある。しかし古来日本の皇室では、皇位を継承するためには父のみ皇族であればよく、皇族男子と藤原氏など臣民女子との間に生まれた子が即位した例はきわめて多い。極端な例では、母が全くの庶民の出である第119代光格天皇なども存在する。このような例は貴賎結婚に極めて厳格だったヨーロッパの王室ではあまり見られないことである。
  • 神話の人物を祖先としているのは日本の皇室のみであるとされることがあるが、古代ヨーロッパでは同様にギリシャ神話や北欧神話の神々を祖先とする王族がいた。これらが現在に続いていないのは、王族が滅亡したり、キリスト教に改宗することでそれぞれの神話を捨てたからであり、皇室のケースが特異なわけではない。
  • 20世紀後半に入ってから、ヨーロッパの君主国のほとんどが男系女子や女系(父は臣民でもよい)にも王位継承資格を与えるようになったが、このような改革の多くは「男女平等」をその理由とし、必ずしも男系男子の不足とは関係がない。ただし以前のように、嫡子が姉―弟の場合は弟の継承権が先のままの所もある。一例として、イギリス王室は直系男長子優先であるため、エリザベス2世女王の第2子アン王女よりも、第3子ヨーク公アンドルーの方が継承順位は上で、ヨーク公が4位、アン王女は弟王子2人とその家族よりも下の10位である。

女系天皇となる具体的実例[編集]

  • 具体的な実例として、昭和天皇の女子で島津家の島津久永に嫁いだ清宮貴子内親王が即位した場合は、男系女子に当たる女性天皇であり、その子供である島津禎久は女系男子の女系天皇となる。つまり女系天皇を認めれば、昭和天皇の孫である島津禎久にも皇位継承権があることとなる。島津禎久が女系天皇として即位した場合は中国からの渡来人の末裔である島津氏が天皇家となる。島津貴子の姉で同じ昭和天皇の女子である成子内親王が嫁いだ東久邇宮家の成子内親王と盛厚王の子供である東久邇信彦王は、単なる女系天皇でなく、遠縁であるが男系天皇兼女系天皇となる。

現代の皇室と女系天皇[編集]

皇室には1965年の秋篠宮文仁親王誕生から2006年の悠仁親王誕生までの41年間、皇室から男子が生まれなかったため、将来において皇統が断絶するのではと危惧されていた。そのため、継承原理を改変して女系継承を容認すべきとする意見もあったが、時間的余裕が出たのではないか、とされている。しかし、男系論者、女系論者ともに皇位継承問題皇族についての議論を続けていくことで認識は一致している。

東宮家の敬宮愛子内親王や秋篠宮家の眞子内親王佳子内親王などは、いずれも父方のみを辿って天皇に行き着く男系女子の皇族である。しかし、彼女らが将来、旧皇族皇別摂家、さらに遡って源氏平氏など天皇家から分かれた家系からの男系子孫を除く一般国民の男子と結婚して子を産めば、その子は性別が男であれ女であれ、父方のみを辿って天皇に行き着かないため女系となる(下掲系図を参照)。

凡例 太字は天皇(括弧内数字は代)および現行皇室典範における皇位継承資格者、斜体は仮想、
   黒字は男系、赤字は女系(非男系)、太線(┃)は実子、細線(─)は夫婦。
   男系継承の解説を中心としているため、今上天皇から直系の皇族のみを記載した。

                                美智子今上天皇(125)
                       ┏━━━━━━━━━━━┫
                  紀子秋篠宮文仁親王  雅子皇太子徳仁親王
       ┏━━━━┳━━━━━━━┫           ┃
   悠仁親王 佳子内親王 眞子内親王   敬宮愛子内親王
┏━━┫         ┏━━┫    ┏━━┫        ┏━━┫  
♀  ♂        ♀  ♂    ♀  ♂        ♀  ♂

補註[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]