桂宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桂宮家
No image available.svg
家祖 八条宮智仁親王
誠仁親王の第6皇子)
種別 皇族世襲親王家
出身地 京都
主な根拠地 山城国京都
桂別業(桂離宮
東京府
著名な人物 智仁親王
智忠親王
支流、分家 広幡家清華家
凡例 / Category:日本の氏族

桂宮(かつらのみや)は、四世襲親王家の一。および桂宮家の宮号安土桃山時代に創設され、明治時代に断絶した。主な所領が平安京近郊の桂周辺にあった。石高3000石余は宮家中最大。八条宮常磐井宮京極宮の流れをくむ。

八条宮[編集]

正親町天皇の第一皇子である誠仁親王の第六皇子・智仁親王を祖とする。

智仁親王は初め豊臣秀吉猶子となったが、秀吉に実子が生まれたため豊臣家を離れてあらたに秀吉から邸宅と知行地を献じられ、一家を立てた。

智仁親王が作った別邸が桂離宮である。本邸跡は今も今出川通に面してあるが、その別邸である桂離宮が京都八条通の沿線上にあったことから八条宮と称された

常磐井宮[編集]

5代の尚仁親王に継嗣がなく、霊元天皇の皇子である作宮が継承して常磐井宮に改称したが夭折。

  1. 作宮霊元天皇の皇子)

京極宮[編集]

兄の文仁親王が跡を継いで京極宮に再改称した。9代・公仁親王の没後にいったん空主となる。

  1. 文仁親王(霊元天皇の皇子、作宮の兄)
  2. 家仁親王文仁親王の王子)
  3. 公仁親王家仁親王の王子)

桂宮[編集]

光格天皇の皇子・盛仁親王が継承して桂宮に改称した。盛仁親王の没後再び空主となった。盛仁親王の兄である仁孝天皇の皇子・節仁親王が継ぐが夭折して空主となる。1862年文久2年)に姉の淑子内親王が継いだが1881年(明治14年)に薨去、ここに桂宮は断絶した。ただし2代・智忠親王の弟広幡忠幸が興した桂宮家の分家の広幡家(源氏・華族)は現在も続いている(男系はこれも断絶)。

政治家・軍人の桂太郎は後に公爵を叙されたが、日本の公爵の英訳は「prince」であるため、偶然にも英訳が桂宮家当主と同じ「prince Katsura」になっている。[1]

1988年(昭和63年)、三笠宮崇仁親王の第2皇子である宜仁親王が新宮家を創設し、同名の桂宮を称した。ただし、これは宜仁親王の印にちなむものであり、かつてあった桂宮との直接の関係はない。また宜仁親王は、有栖川宮の祭祀を引き継いだ高松宮宣仁親王を敬慕しており、宣仁親王の公務などを多く継承していたため、新桂宮の系統はむしろ有栖川宮に近いともいえる。

  1. 盛仁親王光格天皇の皇子)
  2. 節仁親王仁孝天皇の皇子)
  3. 淑子内親王(仁孝天皇の皇女節仁親王の姉)

宮邸[編集]

京都御苑内(同志社女子大学今出川キャンパスと京都御所との間)にある。桂宮邸には敷地を囲む築地塀と、表門と豪壮な勅使門の二つの門が残る。なお本来あった建物は二条城本丸に移築されて保存されている。

現在、内部は宮内庁職員の宿舎の敷地として使われており(内部には仮に複数の平屋の公営住宅が建っている)、内部は非公開である。

桂離宮を築いた初代智仁親王が造営した庭園および池が完全に残っており、建物と同様に日本国にとって貴重な文化財である。しかしその庭園も、近年、宮内庁職員ための公営住宅を新設するため、とり壊される危機にあった。近年、閑院宮邸が復元整備され一般に公開されて話題を呼んだことから、桂宮邸も宿舎を移設した上で復元整備し、一般に公開すべきだという声が非常に高い。[誰?]

幕末には孝明天皇の仮皇居となっていたこともあり、皇女和宮親子内親王はここから江戸へ嫁いでいる。

菩提寺[編集]

桂宮家および分家の広幡家菩提寺相国寺塔頭の慈照院である。慈照院には桂宮家および広幡家ゆかりの建物が多く残り、客殿は桂宮邸から移築されたものである。

系譜[編集]

八条宮[編集]

常磐井宮[編集]

京極宮[編集]

桂宮[編集]

 
 
 
106 正親町天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誠仁親王
(陽光院)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
107 後陽成天皇
 
八条宮
(1)智仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
108 後水尾天皇
 
(2)智忠親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
109 明正天皇
 
110 後光明天皇
 
111 後西天皇
 
(3)穏仁親王
 
112 霊元天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(4)長仁親王
 
(5)尚仁親王
 
113 東山天皇
 
 
 
 
 
京極宮
(7)文仁親王
 
常磐井宮
(6)作宮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
114 中御門天皇
 
閑院宮
直仁親王
 
(8)家仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
典仁親王
 
(9)公仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
119 光格天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
120 仁孝天皇
 
桂宮
(10)盛仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
121 孝明天皇
 
(12)淑子内親王
 
(11)節仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の桂宮領は以下の通り。(6村・3,196.881592石)

  • 山城国葛野郡のうち - 5村
    • 川勝寺村 - 990.606995石
    • 宿村 - 53.294998石
    • 下桂村 - 1,131.072998石
    • 徳大寺村 - 365.796295石
    • 御陵村 - 163.050003石
  • 山城国乙訓郡のうち - 1村
    • 開田村のうち - 493.059998石

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 英訳の場合、皇族は他の華族と違いをつけるため、敬称として「H.I.H(His Imperial Highness)」をつけて区別している。