竹田宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竹田宮家
No image available.svg
家祖 竹田宮恒久王
北白川宮能久親王の第1王子(庶長子))
種別 皇族宮家
出身地 東京府
主な根拠地 東京都
凡例 / Category:日本の氏族

竹田宮(たけだのみや)は、明治後期に北白川宮能久親王の第1王子(庶長子)、恒久(つねひさ)王が創設した宮家である。

系譜[編集]

竹田宮恒久王[編集]

竹田宮恒久王

初代恒久王は、能久親王の第1王子(庶長子)として、1882年明治15年)に誕生。1906年(明治39年)に明治天皇より竹田宮(京都市伏見区の地名に由来)の宮号を賜る。1908年(明治41年)に明治天皇の皇女・昌子内親王と結婚した。恒久王は、陸軍士官学校陸軍大学校を卒業後、騎兵将校の道を歩み陸軍騎兵大佐を経て、1920年大正8年)陸軍少将に進むが、36歳で薨去。昌子妃との間に、恒徳(つねよし)王、佐野常光伯爵夫人となった禮子(あやこ)女王を儲けた。

竹田宮恒徳王[編集]

竹田宮恒徳王

2代恒徳王は、1909年(明治42年)に誕生。1919年(大正8年)に父の薨去により、わずか10歳で宮家を相続した。1934年(昭和9年)に三条公輝公爵の女子・光子と結婚。父宮の遺志を継いで、陸軍に進む。陸軍士官学校陸軍大学校を卒業。終戦時は陸軍中佐

陸軍騎兵学校の教官を務め、太平洋戦争時には、大本営参謀として、ガダルカナル作戦に参加。戦後1947年昭和22年)GHQの指令により10月14日皇籍離脱

東京都旧芝区高輪の宮家本邸が空襲に遭わなかったため、土地の一部を売却して竹田編機という編物機械会社を設立し、事業に着手するが、失敗。その後、陸軍士官学校時代にスケートを趣味としていたことから、日本スケート連盟会長に就任する。これが機縁となって、「スポーツの宮様」として各種のスポーツ振興に取り組むこととなる。体協専務理事、オリンピック東京大会組織委員長、国際オリンピック委員会IOC)委員を歴任し、国際スポーツ界においても「プリンス・タケダ」として知られた。1992年(平成4年)、82歳で死去した。

恒徳王には、恒正恒治素子紀子恒和の3男2女がいる。

戦後の系譜[編集]

現在の当主は、恒徳王長男である恒正(恒正王)。また、三男の恆和1947年生)は、父と同じく日本馬術連盟で活躍。日本オリンピック委員会(JOC)会長である。

恒和の子恒泰1975年生)は旧皇族の子孫であるという立場から皇位継承問題に関して男系維持論を支持する発言を行っている。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇 竹田宮恒久王
 
昌子内親王 北白川宮成久王
 
房子内親王 朝香宮鳩彦王
 
允子内親王 東久邇宮稔彦王
 
聡子内親王 昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇 竹田恒徳 永久王 朝香孚彦 盛厚王
 
成子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今上天皇
 
竹田恒正
 
 
 
 
 
北白川道久
 
 
 
朝香誠彦 東久邇信彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現皇族
 
 
竹田家
 
 
 
 
北白川家
 
 
 
 
朝香家 東久邇家


凡例 太字は宮家当主。 
     ┃
   竹田宮恒久王
     ┣━━━━━━┓
    恒徳王2      禮子
     ┣━━━━━━┳━━━┳━━━┳━━━━━━┓
    恒正王       素子   紀子   恒治王       恒和
    ┣━━━┓          ┣━━━┓   ┣━━━┓
    恒貴   浩子          恒昭   恒智  恒泰   恒俊

その他[編集]

旧芝区高輪の宮家本邸は、通商産業大臣官邸に使用された後、西武鉄道に売却され、現在では、高輪プリンスホテルとなっている。

小田部雄次は、"竹田恒泰"に対して、恒泰の父である恆和は、父の恒徳王が皇籍離脱した後に生まれているため、生涯で一度も皇族であったことはない。また、1920年5月19日に内規として裁定された「皇族の降下に関する施行準則」では「長子孫の系統四世を除く全ての王が華族に降下する」ことに定められている。竹田宮の場合、北白川宮能久親王が1世、竹田宮恒久王が2世、離脱した竹田宮恒徳王が3世、同じく離脱した竹田宮恒正王が4世であり、この世代以降は全て皇族ではなく華族となると主張している。

また、岩井克己は、"竹田恒泰"に対して、恆和は華族を襲爵することはない(華族は原則として長子が継承する)ため、この家系は旧華族でもなく、旧皇族という自称は詐称である[1]と主張している。

脚注[編集]

  1. ^ 浅見雅男/岩井克己 『皇室一五〇年史』ちくま新書 1161 ISBN 978-4480068675、19-20p

関連項目[編集]

外部リンク[編集]