常陸宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
常陸宮
家紋
家祖 常陸宮正仁親王
(昭和天皇第二皇子)
種別 皇族宮家直宮家
出身地 東京都
主な根拠地 東京都渋谷区
常盤松御用地
著名な人物 常陸宮正仁親王
凡例 / Category:日本の氏族
皇室
Imperial Seal of Japan.svg

天皇 徳仁
皇后 雅子






常陸宮(ひたちのみや)は、日本宮家のひとつで、昭和天皇の第二皇男子で明仁上皇)の弟、正仁親王宮号

概要[編集]

1964年昭和39年)9月30日、正仁親王と津軽華子との結婚により創設された。第二次世界大戦後、かつ、現行の皇室典範下で設けられた最初の宮家である。

宮号の由来は、常陸国(現在の茨城県)が、太古から江戸時代末期まで親王国司となる親王任国であったことである。

宮邸は東京都渋谷区で、現存する宮家の中で唯一、赤坂御用地東京都港区元赤坂)以外にある。

構成[編集]

性別 生年月日 現年齢 続柄 皇位継承順位
常陸宮正仁まさひと親王 男性 1935年(昭和10年)11月28日 83歳 昭和天皇第2皇男子 第3位
正仁親王妃華子はなこ 女性 1940年(昭和15年)07月19日 79歳 正仁親王妃

系図[編集]

 
 
124 昭和天皇
 
 
 
 
 
 
第125代天皇
明仁
[常陸宮]
正仁親王
 
華子
 
 
 
第126代
今上天皇

外部リンク[編集]