築地塀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都御所の築地塀

築地塀(ついじべい)とは、泥土をつき固めて作った。単に「築地」(ついじ)ともいう。

概要[編集]

石垣基礎を立ててを通した骨組みを木枠で挟み、そこに練り土を入れて棒でつき固める「版築」という方法で作られる物が多く、塀の上に屋根として簡便な小屋組を設け、や板などで葺いたものも多くある。

古来より公家邸宅寺院官舎などに特に見られ、今でも御所寺院などで見られる。規模の大きい物は「大垣」と呼ばれ、平城京の南面の築地塀は高さ12メートルに達したといわれている。寺では定規筋という白い横線を入れた筋塀を築き、5本(五条)を最高位にして寺格を表すようになった。

関連項目[編集]