後陽成天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
後陽成天皇
後陽成天皇像(泉涌寺蔵、狩野孝信筆)

即位礼 天正14年11月25日1587年1月4日
元号 天正
文禄
慶長
追号 後陽成院
元和3年9月20日1617年10月19日)追号勅定
関白 豊臣秀吉豊臣秀次九条兼孝
近衛信尹鷹司信房九条忠栄
先代 正親町天皇
次代 後水尾天皇

誕生 元亀2年12月15日1571年12月31日)辰刻
崩御 元和3年8月26日1617年9月25日)巳刻
内裏北御所
大喪儀 元和3年9月20日1617年10月19日
陵所 深草北陵
和仁
天正14年9月17日1586年10月29日)命名
周仁
慶長3年12月23日1599年1月19日)改名
別称 茶地丸(幼名)
元服 天正14年9月20日1586年11月1日
父親 誠仁親王
母親 勧修寺晴子(新上東門院)
女御 近衛前子
子女 清子内親王
政仁親王(後水尾天皇
近衛信尋
高松宮好仁親王
一条昭良
貞子内親王
覚深入道親王
慈胤法親王
尭然法親王
良純法親王
尊清女王
道晃法親王
道周法親王 他
皇居 土御門東洞院殿
テンプレートを表示

後陽成天皇(ごようぜいてんのう、元亀2年12月15日1571年12月31日) - 元和3年8月26日1617年9月25日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての第107代天皇(在位:天正14年11月7日1586年12月17日) - 慶長16年3月27日1611年5月9日))。は初め和仁(かずひと)、慶長3年(1598年)12月に周仁(かたひと)と改めた。

略歴[編集]

天正14年(1586年)7月に正親町天皇の東宮であった誠仁親王が薨去し、皇孫に当たる和仁親王が同年11月7日に、皇祖父にあたる正親町天皇から譲位され受禅した。

後陽成天皇の在位期間は、ちょうど豊臣政権の天下統一と江戸幕府成立の時期をまたいでおり、前半と後半で天皇に対する扱いが変わっている。豊臣秀吉は、支配の権威として関白太閤の位を利用したために天皇を尊重し、その権威を高める必要があり、朝廷の威信回復に尽力した。天正16年(1588年)に秀吉の演出した天皇の聚楽第行幸は盛大に行われた。秀吉の「三国国割」構想によれば文禄の役で明を征服した暁には後陽成天皇を皇帝として北京に遷し、良仁親王八条宮智仁親王を日本の天皇にしようとした[1]。ただし、後陽成天皇は秀吉の外征には反対であり、秀吉に対して「無体な所業」であると諭している[2]。 秀吉は文禄2年(1593年)に文禄の役で日本に持ち帰られた李朝銅活字の器具と印刷書籍を後陽成天皇に献上した。同年、天皇は六条有広や西洞院時慶らに命じ、この技術を用いて「古文孝教」を印刷したと伝えられている(文禄勅版)。これは日本での銅活字を用いた最初の印刷とされている。また、後陽成天皇は慶長2年(1597年)に李朝銅活字に倣って大型木活字による勅版「錦繍段」を開版させている(慶長勅版)[3]

後陽成天皇は秀吉の勧めで第1皇子の良仁親王を皇位継承者としていた。ところが慶長3年(1598年)に秀吉が没したのちの10月、病気がちなことを理由として皇弟の八条宮への譲位を望んだ[註 1]。多数の公卿からは譲位に対して賛同を得られたが、前関白の九条兼孝から良仁親王の廃太子に反対する意見が述べられ[註 2]、また、秀吉の猶子であった八条宮を快く思わない徳川家康からも承諾されなかった。天皇はやむなく八条宮への譲位を断念したが、3年後に家康の了承を得て良仁親王を強引に仁和寺出家させて第3皇子の政仁親王を立てた[5]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、丹後田辺城に拠って西軍と交戦中の細川幽斎を惜しみ、両軍に勅命を発して開城させている。戦後、家康は天皇と豊臣家の接近を防ぐため、奥平信昌京都所司代に任じて天皇の動きを監視した[5]。慶長8年(1603年)に家康を征夷大将軍に任じ、江戸幕府が開かれた。朝廷権威の抑制をはかる幕府は武家伝奏を設けて更なる監視態勢を整えた[5]。慶長12年(1607年)2月と慶長14年(1609年)7月には宮中女官密通事件が相次いで発覚した(猪熊事件)。これらに対して激怒した天皇は京都所司代に彼らの極刑を要請した。国母新上東門院が寛大な処置を望んだこともあって、家康は咎人の猪熊教利らを斬罪としたものの、事件に関与した公家衆5人と女官を蝦夷や伊豆新島などへとそれぞれ配流するにとどめたが、天皇はこの処分を手ぬるいものと考えて不満を抱いた。この一件により天皇は女院とも意志の隔たりを生んで側近の公家衆や生母、皇后とも逢うことが少なくなって孤独の中で暮らすようになり、やがて退位するに至った。猪熊事件を機に慶長18年(1613年)に公家を取締るための公家衆法度が制定され、また、幕府の宮中に対する干渉を更に強めることとなり、官位の叙任権や元号改元も幕府が握る事となっていく[5][6][7]

慶長16年(1611年)、退位に反対する家康を押し切り、政仁親王(後水尾天皇)に譲位して仙洞御所へ退く[5]。だが、後水尾天皇とも上手く行かず、父子の間は長く不和であり続けたと伝えられている。元和3年(1617年)に崩御、宝算47歳。葬儀火葬で行われた。後陽成天皇より後の天皇は全員が土葬で葬られているので、現在において最後に火葬で葬られた天皇である[8]

人物[編集]

系譜[編集]

後陽成天皇筆「鷹攫雉図」(国立歴史民俗博物館所蔵)
後陽成天皇筆「後陽成天皇宸翰御消息(高麗国云々、豊臣秀吉宛)」重要文化財(守屋コレクション、京都国立博物館所蔵)

正親町天皇の皇子・誠仁親王(陽光院太上天皇)の第一皇子。母は勧修寺晴右の娘、新上東門院・藤原晴子

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
102 後花園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
103 後土御門天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
104 後柏原天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
105 後奈良天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
106 正親町天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誠仁親王
(陽光院)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
107 後陽成天皇
 
良恕法親王
 
八条宮(桂宮)
智仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
智忠親王
 
広幡忠幸
広幡家始祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
107 後陽成天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
108 後水尾天皇
 
近衛信尋
 
高松宮(有栖川宮)好仁親王
 
一条昭良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
109 明正天皇
 
110 後光明天皇
 
111 後西天皇
 
112 霊元天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
有栖川宮幸仁親王
 
113 東山天皇
 
職仁親王
有栖川宮家へ〕
 
吉子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正仁親王
 
114 中御門天皇
 
閑院宮直仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

諡号・追号・異名[編集]

→ 詳細は「後水尾天皇」項を参照。

在位中の元号[編集]

陵・霊廟[編集]

深草北陵

(みささぎ)は、京都府京都市伏見区深草坊町にある深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)に治定されている。公式形式は方形堂[10]

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 譲位の意向は勧修寺晴豊久我敦通、中山親綱から徳善院前田玄以に伝えられたが、寝耳に水の知らせで玄以や当の八条宮も困惑した[4]
  2. ^ 兼孝は自身の日記に「先ずもつて御無用」と譲位の必要が無いことを記している[4]

出典[編集]

  1. ^ 村井章介15世紀から16世紀の東アジア国際秩序と日中関係 (PDF) 」 、『日中歴史共同研究報告書第一期報告書』、日中歴史共同研究委員会、2010年1月、 15頁、2017年9月13日閲覧。
  2. ^ 後陽成天皇宸翰御消息”. 国立文化財機構. 2015年5月3日閲覧。
  3. ^ 百瀬宏 (1996年). “第二部 活字の世界”. 歴史の文字 記載・活字・活版. 東京大学総合研究博物館. 2012年12月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月4日閲覧。
  4. ^ a b 熊倉(1994年)6-7頁
  5. ^ a b c d e ねずまさし 『象徴帝国の誕生 : 天皇昭和紀 下』 至誠堂1961年10月、4-6頁。全国書誌番号:50007572
  6. ^ “猪熊事件 いのくまじけん”, 日本大百科全書(ニッポニカ), 小学館, http://archive.is/8RtvR#60% 
  7. ^ 熊倉(1994年)22-23頁
  8. ^ “宮内庁:天皇、皇后両陛下のご喪儀、葬法は火葬”. 毎日新聞. (2013年11月15日). オリジナル2013年11月14日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/eZxHj#0% 2013年11月15日閲覧。 
  9. ^ “後陽成天皇 ごようぜいてんのう”, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典, Britannica Japan, (2014), http://archive.is/dlWKc#5% 
  10. ^ 後陽成天皇 深草北陵(ごようぜいてんのう ふかくさきたのみささぎ)”. 天皇陵. 宮内庁. 2015年5月3日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]