宮号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮号(みやごう)とは、宮家の当主たる皇族男子に与えられる「○○宮」という形式の称号

概要[編集]

日本の皇族男子が宮家を新設し、独立して生計を立てる際に天皇より与えられる称号で、宮家の当主たる皇族男子に世襲される。宮号を有する者は「○○宮」と称し、その妻は「○○宮妃」と称するが、これら以外の者が「○○」の部分を称することはない。もっとも、英語では、宮内庁の用いる英訳によると、当主である「○○宮」を「Prince ○○」とする一方で、その子である「●●親王/内親王」は「Prince/Princess ●● of ○○」としており、日本語における用法と必ずしも一致しない。宮家は、通常は皇族男子が婚姻し独立する際に宮家が創設されるが、三笠宮家の次男である宜仁親王は独身のまま宮家を創設し、桂宮の称号を賜った。

現在存在する宮号[編集]

宮号 読み 初代 創始 現保持者
三笠宮 みかさ 大正天皇第4皇子崇仁親王 1935 継承者断絶。宮家のみ現存。
常陸宮 ひたち 昭和天皇第2皇子正仁親王 1964 正仁親王
高円宮 たかまど 大正天皇皇孫憲仁親王 1984 継承者断絶。宮家のみ現存。
秋篠宮 あきしの 今上天皇第2皇子文仁親王 1990 文仁親王

2014年6月の桂宮宜仁親王の薨去以後、現存する宮号は4つ。何れも創設者が宮家の当主であり、このうち秋篠宮家および常陸宮家を除いて宮家当主以外の男子が不在の状態にある。

宮号一覧[編集]

宮号 読み 続柄
大炊御門宮 おおいみかど 惟明親王 高倉天皇第3皇子
六条宮 ろくじょう 雅成親王 後鳥羽天皇皇子
岩倉宮 いわくら 忠成王 順徳天皇第5皇子
冷泉宮 れいぜい 頼仁親王 後鳥羽天皇皇子
四辻宮 よつつじ 善統親王 順徳天皇第6皇子
常盤井宮 ときわい 恒明親王 亀山天皇第14皇子
木寺宮 きでら 邦良親王 後二条天皇第1皇子
花園宮 はなぞの 満良親王 後醍醐天皇の第11皇子
八条宮 はちじょう 智仁親王 正親町天皇第1皇子
常磐井宮 ときわい 作宮 霊元天皇第10皇子
京極宮 きょうごく 文仁親王 霊元天皇第7皇子
花町宮 はなまち 邦省親王 後二条天皇第2皇子
五辻宮 いつつじ 守良親王 亀山天皇第5皇子
小倉宮 おぐら 恒敦 後亀山天皇皇子
玉川宮 たまがわ 長慶天皇皇子
護聖院宮 ごしょういん 惟成親王 後村上天皇第三皇子
桂宮  かつら 盛仁親王 光格天皇第4皇子
小松宮 こまつ 彰仁親王 伏見宮邦家親王第 8王子
東伏見宮 ひがしふしみ 彰仁親王 伏見宮邦家親王第8王子
有栖川宮 ありすがわ 好仁親王 後陽成天皇第7皇子
華頂宮 かちょう 博経親王 伏見宮邦家親王第12王子
伏見宮 ふしみ 栄仁親王 崇光天皇第1皇子
閑院宮 かんいん 直仁親王 東山天皇第6皇子
山階宮 やましな 晃親王 伏見宮邦家親王第1王子
北白川宮 きたしらかわ 智成親王 伏見宮邦家親王第13王子
梨本宮 なしもと 守脩親王 伏見宮貞敬親王第9王子
久邇宮 くに 朝彦親王 伏見宮邦家親王第4王子
賀陽宮 かや 邦憲王 久邇宮朝彦親王第2王子
朝香宮 あさか 鳩彦王 久邇宮朝彦親王第8王子
竹田宮 たけだ 恒久王 北白川宮能久親王第1王子[1]
東久邇宮 ひがしくに 稔彦王 久邇宮朝彦親王第9王子
秩父宮 ちちぶ 雍仁親王 大正天皇第2皇子
高松宮 たかまつ 宣仁親王 大正天皇第3皇子
桂宮 かつら 宜仁親王 大正天皇皇孫(三笠宮から独立)

「称号」としての「宮」[編集]

家名の「宮」とは別に日本の皇族の幼少時に与えられる呼び名である「称号」もまた「○○宮」の形式をとる。現在は天皇または皇太子の子女にのみ与えられる。

関連項目[編集]

脚注[編集]