宮号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮号(みやごう)とは、宮家の当主たる皇族男子に与えられる「○○宮」という形式の称号

概要[編集]

日本の皇族男子が宮家を新設し、独立して生計を立てる際に天皇より与えられる称号で、宮家の当主たる皇族男子に世襲される。宮号を有する者は「○○宮」と称し、その妻は「○○宮妃」と称するが、これら以外の者が「○○」の部分を称することはない。もっとも、英語では、宮内庁の用いる英訳によると、当主である「○○宮」を「Prince ○○」とする一方で、その子である「●●親王/内親王」は「Prince/Princess ●● of ○○」としており、日本語における用法と必ずしも一致しない。宮家は、通常は皇族男子が婚姻し独立する際に宮家が創設されるが、三笠宮家の次男である宜仁親王は独身のまま宮家を創設し、桂宮の称号を賜った。

現在存在する宮号[編集]

宮号 読み 初代 創始 現保持者
三笠宮 みかさ 大正天皇第4皇子崇仁親王 1935 継承者断絶。宮家のみ現存。
常陸宮 ひたち 昭和天皇第2皇子正仁親王 1964 正仁親王
高円宮 たかまど 大正天皇皇孫憲仁親王 1984 継承者断絶。宮家のみ現存。
秋篠宮 あきしの 今上天皇第2皇子文仁親王 1990 文仁親王

2014年6月の桂宮宜仁親王の薨去以後、現存する宮号は4つ。何れも創設者が宮家の当主であり、このうち秋篠宮家を除いて宮家当主以外の男子が不在の状態にある。

「称号」としての「宮」[編集]

家名の「宮」とは別に日本の皇族の幼少時に与えられる呼び名である「称号」もまた「○○宮」の形式をとる。現在は天皇または皇太子の子女にのみ与えられる。

関連項目[編集]