雅成親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雅成親王
続柄 後鳥羽天皇皇子

全名 雅成(まさなり)
称号 六条宮、但馬宮
身位 三品・親王
出生 正治2年9月11日1200年10月20日
死去 建長7年2月10日1255年3月19日)(享年56)
但馬国城崎郡高屋(現兵庫県豊岡市
配偶者 久我通光
  藤原親経
子女 澄覚法親王、承恵、源雲
父親 後鳥羽天皇
母親 藤原重子
テンプレートを表示

雅成親王(まさなりしんのう、正治2年9月11日1200年10月20日) - 建長7年2月10日1255年3月19日))は、鎌倉時代初期の日本皇族後鳥羽天皇の皇子で、母は修明門院、後に宣陽門院の養子となる。順徳天皇は同母兄にあたる。妻は久我通光の娘。新三十六歌仙の一人。通称:六条宮又は但馬宮。

生涯[編集]

建仁4年(1204年)に親王宣下を受け、建暦2年(1212年)に元服して三品親王となる。翌年には結婚した。将軍源実朝が暗殺された直後、鎌倉幕府から親王を次期将軍に迎えたいとする要請が出されるが、後鳥羽上皇に拒絶される。承久3年(1221年)、承久の乱に加担したとして但馬国流刑となり、同国城崎郡高屋(現在の兵庫県豊岡市)に幽閉された。その後、嘉禄2年(1226年)に出家する。

ところが、父である後鳥羽上皇の死後に幕府から赦免が出されたらしく、寛元2年(1244年)に生母の修明門院と一緒に京都で暮らしていることが記録されている。また、後嵯峨天皇に批判的とみられた平経高が寛元3年(1245年)頃に親王を訪問している[1]。その後同4年(1246年)に修明門院の最大の支援者であった当時の朝廷の実力者・九条道家が息子である将軍九条頼経と結んで、執権北条時頼とその後押しを受けた後嵯峨天皇を退けて雅成親王を次期天皇に擁立しようとしているとする風説が流される。時頼はその動きに先んじて九条親子を失脚させるとともに、雅成親王を但馬高屋に送り返した。親王はそのまま同地で病死して葬られた。

歌人としても優れており、家集『雅成親王集』がある他、『続後撰和歌集』などの勅撰和歌集にも採録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『平戸記』寛元3年正月18日条・同年10月15日条。

関連項目[編集]