白川伯王家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白川家
(1962年(昭和37年)絶家)
家紋
むかいかきつばたびし
対い杜若菱[1]
本姓 花山源氏嫡流
家祖 源顕康
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
支流、分家 品川氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

白川伯王家(しらかわはくおうけ)、又は白川家(しらかわけ)とは花山天皇の皇孫の延信王清仁親王の王子)から始まり、古代からの神祇官に伝えられた伝統を受け継いだ公家である。皇室祭祀を司っていた伯家神道(白川流神道)の家元


歴史[編集]

白川家(しらかわけ)は花山源氏を出自とする堂上家である。花山天皇の皇孫の延信王(のぶざねおう)が源姓を賜り臣籍降下して神祇官長官である神祇伯に任官されて以降、その子孫が神祇伯を世襲するようになったために「伯家」とも、また、神祇伯に就任してからは王氏に復するのが慣例であったことから「白川王家」とも呼ばれた。

白川伯王家の成立[編集]

白川家の特徴は、神祇伯の世襲と、神祇伯就任とともに「」を名乗ったことである。「王」の身位天皇との血縁関係で決まり、本来は官職に付随する性質のものではない[2]。非皇族でありながら、王号の世襲を行えたのは白川家にのみ見られる特異な現象である。以下、このことに留意しつつ白川家の成立について説明する。

延信王は、万寿2年(1025年)に源姓を賜り臣籍降下して、寛徳3年(1046年)に神祇伯に任ぜられた。なお、当時の呼称は「源」または「王」であり、その後の時代に、「白川家」や「伯家」「白川王家」と呼ばれるようになる。延信王以後、康資王顕康王顕広王と白川家の人物が神祇伯に補任されているが[3]、この時期はまだ神祇伯は世襲ではなく、王氏、源氏及び大中臣氏が補任されるものと認識されており、事実、先の四名の間に大中臣氏が補任されている。

顕広王は本来は源氏であり、神祇伯就任とともに王氏に復し、退任後に源氏に戻る最初の例となっており[4]、以下に示す経過により、顕広王の王氏復帰をもって白川家の成立とみなすことが多い[5]

顕広王の王氏復帰の背景には、神祇、すなわちを祀るという、朝廷にとって最も重要な行為を行う神祇官の長官である「神祇伯」という職務の重要性と、源氏という最も高貴な血筋、及び顕広王の室で仲資王の母が大中臣氏である上に、顕康王が有力な村上源氏源顕房猶子となっているなどの諸般の事情があったと考えられている。顕広王の子である仲資王(源仲資)が顕広王の後を継いで神祇伯となり、仲資王の退任後その子の業資王(源業資)が神祇伯に任ぜられ、その後業資王が急死して弟の資宗王(源資宗)が神祇伯に任ぜられるために源氏から王氏に復し、これらが先例となり、以後、白川家による神祇伯の世襲化と神祇伯就任による王氏復帰が行われるようになったのである。

なお「白川」の呼称は13世紀中期以降、資邦王の代から見られるようになる[6]

吉田家との地位逆転[編集]

室町時代になると、代々神祇大副(神祇官の次官)を世襲していた卜部氏吉田兼倶吉田神道を確立し、神祇管領長上を称して吉田家が全国の神社の大部分を支配するようになり、白川家の権威は衰退した。江戸時代に白川家は伯家神道を称して吉田家に対抗するも、寺社法度の制定以降は吉田家の優位が続いた。

家格は半家、代々の当主は近衛中将を経て神祇伯になった。

江戸時代の家禄は200石。他に神祇領・神事料100石。

王号返上と家系断絶[編集]

明治時代になると王号を返上し、白川家の当主の資訓子爵に叙せられた。資訓の後を継いだ資長には実子がなく、伯爵上野正雄北白川宮能久親王庶子)の男子の久雄養子に迎えたが、後にこの養子縁組は解消となり、白川家は断絶となる[7]

「神祇伯家学則」にある神道の大要[編集]

  • 神道というものは、古今を通じて変わらない根本原則であり、いずれの国においても通用する大道であり、神道と武道相撲を含む)は一つであり、身を修め、家を整え、国を治めるといったことの要領も、『古事記』・『日本書紀』・『古語拾遺』等の皇典を研鑚するうちにわかる。」とある。

歴代当主[編集]

花山王氏[編集]

  1. 延信王(? - ?)
  2. 康資王(? - 1090年
  3. 顕康王(? - ?)白川姓の祖か。
  4. 顕広王1095年 - 1180年
  5. 仲資王1157年 - 1222年

花山源氏[編集]

  1. 業資王1184年 - 1224年
  2. 資光王(? - 1266年

白川伯王家[編集]

  1. 資邦王1234年 - 1299年
  2. 業顕王1266年 - 1321年
  3. 資清王1289年 - 1330年
  4. 資英王1309年 - 1366年
  5. 顕邦王1339年 - 1394年
  6. 資忠王1372年 - 1440年
  7. 雅兼王(? - ?)
  8. 資益王1417年 - 1484年
  9. 資氏王1456年 - 1504年
  10. 忠富王1428年 - 1510年、雅兼王子)
  11. 雅業王1488年 - 1560年
  12. 雅朝王1555年 - 1631年中院通為子)
  13. 顕成王1584年 - 1621年
  14. 雅陳王1592年 - 1663年高倉永孝子)
  15. 雅喬王1621年 - 1688年
  16. 雅光王1661年 - 1706年
  17. 雅冬王1679年 - 1734年
  18. 雅富王1702年 - 1759年梅溪通条子、正室は雅冬王女)
  19. 雅辰王1727年 - 1747年、母は雅冬王女)
  20. 資顕王1731年 - 1785年、雅富王子、母は雅冬王女)
  21. 資延王1770年 - 1824年
  22. 雅寿王1807年 - 1834年梅溪行通子)
  23. 資敬王1822年 - 1851年冷泉為起子)
  24. 資訓1841年 - 1906年(明治40年))

白川子爵家[編集]

  1. 資長1871年 - 1959年(昭和34年))

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
花山天皇
 
 
 
清仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
延信王1永子女王兼文王
 
 
 
 
 
康資王2[8]兼長王
 
 
 
 
 
顕康王3[9]兼範王
 
 
 
 
 
顕広王4源範綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顕綱王仲資王5顕経王兼朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顕職王源康信資家王業資王6資宗王源資宗行資王兼泰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
源景家源業忠資光王7資行王資兼王資基王源康成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資邦王8源資顕資緒王康仲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
業顕王9顕親資通王康通
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資清王10白川資広白川資兼資継王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資英王11資清王白川顕方
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顕邦王12白川顕英業定王資方王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資忠王13白川資高白川業継白川定清白川資繁
 
 
 
 
 
雅兼王14定兼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資益王15忠富王17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
白川資郷資氏王16雅業王18
 
 
 
 
 
雅業王雅朝王19[10]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顕成王20雅陳王[11]
 
 
 
雅陳王21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅喬王22品川雅直(品川氏祖)[12]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅光王23雅冬王白川定英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅冬王24西辻秀藤
 
 
 
雅富王25[13]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅辰王26資顕王
 
 
 
資顕王27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
白川雅言資延王28
 
 
 
雅寿王29[14]
 
 
 
資敬王30[15]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資訓王31白川資義白川雅好
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
白川資長32白川雅好
 
 
 
久雄[16]
 
 
 
(断絶)

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の白川家領は以下の通り。(8村・200石1斗2升8合7勺)

  • 山城国葛野郡松尾谷村のうち - 34石1斗5升6合9勺
  • 山城国葛野郡松室村のうち - 20石7斗2升9合8勺
  • 山城国葛野郡上山田村のうち - 11石1斗8升8合
  • 山城国乙訓郡下植野村のうち - 50石
  • 山城国乙訓郡石見上里村のうち - 37石7斗
  • 山城国紀伊郡下三栖村のうち - 8石7斗5升7合
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 31石3斗
  • 山城国紀伊郡深草村のうち - 6石2斗9升7合

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文久3年(1863年)版『雲上明覧』による。
  2. ^ 詳しくは皇族を参照。
  3. ^ ただし顕康王に関しては確証がないとの見方がある。
  4. ^ ただし顕広王は神祇伯就任以前から王氏であった可能性も指摘されている。
  5. ^ 13世紀初頭の資宗王によって成立したという見解もある。
  6. ^ 国史大辞典編集委員会編『国史大辞典第11巻』(吉川弘文館1983年昭和59年))617頁参照。
  7. ^ 霞会館華族家系大成編輯委員会編『平成新修旧華族家系大成 上巻』(霞会館1996年平成9年)) 763頁参照。
  8. ^ 祖父・清仁親王の養子とも。
  9. ^ 村上源氏源顕房の猶子。
  10. ^ 中院通為の2男。
  11. ^ 高倉永孝の子。
  12. ^ 加賀藩士となる。
  13. ^ 梅溪通条の子。
  14. ^ 梅溪行通の子。
  15. ^ 冷泉為起の子。
  16. ^ 上野正雄の子。

参照文献[編集]

      (注:白川家歴代の神祇伯職についての表があり、調べものをするときに便利)

  • 小松馨「白川伯王家の成立」『神道宗教』第116号

系譜参考[編集]

関連項目[編集]