一般参賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平成時代の新年一般参賀(2016年1月2日)

一般参賀(いっぱんさんが)とは、1948年昭和23年)から毎年、新年1月2日天皇誕生日に開催されている皇室行事である[1][2]

天皇誕生日の一般参賀は、昭和天皇以降に在位中の天皇の誕生日に行われる。

概要[ソースを編集]

最初に開かれた昭和23年新年一般参賀(1948年)では、宮内庁庁舎屋上から昭和天皇が一人で民衆に対し手を振るというものであったが、昭和40年代には左翼活動が激化し、昭和天皇に対しパチンコを撃った、昭和天皇パチンコ狙撃事件などもあり、長和殿に厚いガラスを設け、ガラスの向こうから天皇・皇后を筆頭に成年皇族が参加するようになった。民衆は長和殿前の庭で日の丸の小旗を振りながら皇族を迎えるようになった。

昭和天皇の病状が悪化の一途をたどり、テレビなどでも血圧などの情報が流れるようになった1989年(昭和64年)の新年一般参賀は中止となった。昭和天皇は同月7日に崩御したため、翌1990年平成2年)の一般参賀も中止となったが、この2年以外に中止となった年はない。

参賀[ソースを編集]

新年一般参賀[ソースを編集]

2012年(平成24年)新年一般参賀 第一回目

新年一般参賀は、新年を祝うために行われる。元日には各皇室行事があるため[要出典]2日に開催される[1]。天皇・皇后、皇太子皇太子妃、その他各宮家の成年皇族が参加する。

天皇・内廷皇族秋篠宮家は5回[1]、それ以外の皇族は3回、ないし1回参加するのが通例(平成時代現在)。

病気療養中や服喪中の皇族は欠席することがある。

一回目の一般参賀の模様はNHK総合テレビで生中継される。

天皇誕生日一般参賀[ソースを編集]

天皇誕生日一般参賀は、天皇の誕生日を祝うために行われる。したがって皇位が変わった場合参賀は別の日に代わる。3回開かれる。

天皇・皇后、皇太子・同妃、秋篠宮家の成年皇族が参加する(平成時代現在)。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 新年一般参賀要領”. 宮内庁. 2017年6月21日閲覧。
  2. ^ 天皇誕生日一般参賀要領”. 宮内庁. 2017年6月21日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]