菊栄親睦会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菊栄親睦会(きくえいしんぼくかい)は、皇族及び旧皇族(旧宮家)による親睦団体である。

概要[編集]

菊栄親睦会は皇室の親族一統による親睦会で、皇室と最も近い親戚として交流を保ち、皇室を支える役割を担う[1]1947年昭和22年)10月に昭和天皇の弟である秩父宮高松宮三笠宮の3直宮家を除く11宮家が臣籍降下(いわゆる皇籍離脱)した際、昭和天皇の指示により、戦前の「皇族親睦会」を「菊栄親睦会」と改称して皇族と旧皇族の親睦を図っている。

明治天皇の玄孫に当たる竹田恒泰によると、旧皇族の始祖である伏見宮邦家親王から5世代目の旧皇族までは、最年長で1922年生まれの賀陽邦寿から最年少で1967年生まれの東久邇盛彦までの全員が招待され、以降の世代は本家となる長系の長子の家族のみが招待される[2]

2021年(令和3年)2月26日、衆議院予算委員会第一分科会において池田憲治宮内庁長官は、菊栄親睦会について「皇室の方々の私的な御交際」とした上で「皇族方の公私にわたるお世話をしているということから、同会のお手伝いをしている」「こうした御交際について、特段の法的な位置づけがあるものではない」と答弁した[3]

会員資格[編集]

2019年(令和元年)頃、令和改元に際し、以下の通り改正された[4]

名誉会員
会員
  1. 名誉会員以外の皇族
  2. 1947年 (昭和22年) 10月14日に臣籍降下した旧皇族とその配偶者、元王公族とその配偶者(※子孫は、当主(祭祀継承者)とその配偶者に限る)
  3. 上記より後に皇籍を離れた者

会合[編集]

新年祝賀天皇誕生日祝賀等の公式行事以外に、限られた会員で行われる御所での夕食会や鴨場での鴨猟など定期的な集まりがある[5]。皇室内の慶事に際し、「大会」と称する宴が催され、立食形式で和洋の料理、デザート、飲み物などがふるまわれ、寿司天ぷらがその場で提供される[6]。大会には正会員だけでなく、その子女・きょうだい等、広く参加している[7]

旧皇族の臣籍降下から10年余りが経過した1958年(昭和33年)時点では、瓜生順良宮内庁次長の国会答弁によると「相当大きな会合としては春とか秋、春秋二回、相当な会合があり、その他にも折に触れてなさっております。」「他の皇族さんは大ていお出になつておりますが、両陛下は特別の場合だけお出になり、一々お出になっておりません」[8]という状況であった。

しかし、平成以降は、第125代天皇(現:明仁上皇)が多忙であったこともあり、開催頻度は減少した[7]池田憲治宮内庁次長は2021年(令和3年)2月時点で2014年(平成26年)5月18日の「天皇陛下傘寿奉祝菊栄親睦会大会」が最後の開催と答弁した[3]

伏見博明によると、2020年(令和2年)6月に今上天皇の即位を祝賀して、5年ぶりの大会が開かれる(註:予定であった)という[7][注釈 1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 書籍の刊行は2022年(令和4年)であるが、伏見博明への聞き取りは新型コロナウイルス感染症の世界的流行が日本でも広まる以前の2020年(令和2年)1月及び2月にも行われている。

出典[編集]

  1. ^ 皇室とは”. 日本文化興隆財団. 2021年2月7日閲覧。
  2. ^ テリー伊藤対談「竹田恒泰」(2)陛下とお会いする機会は?”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2013年12月25日). 2021年2月7日閲覧。
  3. ^ a b 衆議院予算委員会第一分科会”. 第2号. 第204回国会. (2021-2-26). https://kokkai.ndl.go.jp/txt/120405266X00220210226 
  4. ^ 伏見博明 2022 p.156
  5. ^ 菊栄親睦会の夕食会に皇太子ご夫妻”. 日テレNEWS24. 日本テレビ (2013年12月25日). 2013年7月13日閲覧。
  6. ^ 伏見博明 2022 p.158-160
  7. ^ a b c 伏見博明 2022 p.157
  8. ^ 参議院内閣委員会”. 第22号. 第28回国会. (1958-04-08). https://kokkai.ndl.go.jp/txt/120405266X00220210226 

参考文献[編集]

  • 伏見博明 『旧皇族の宗家・伏見宮家に生まれて』中央公論新社、2022年1月26日。ISBN 978-4120054952 

関連項目[編集]