新嘗祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊勢神宮 内宮・別宮倭姫宮の大御饌
宮中祭祀
四方拝
歳旦祭
元始祭
先帝祭(昭和天皇祭)
先帝以前三代の例祭
(孝明天皇祭)
紀元節祭
祈年祭
春季皇霊祭・春季神殿祭
神武天皇祭皇霊殿御神楽
皇妣たる皇后の例祭
先后の例祭
節折大祓
先帝以前三代の例祭
(明治天皇祭)
秋季皇霊祭・秋季神殿祭
神嘗祭
鎮魂祭
招魂祭
新嘗祭大嘗祭
賢所御神楽
天長祭〈天長節祭〉
先帝以前三代の例祭
(大正天皇祭)
節折大祓
式年祭旬祭

新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)は宮中祭祀のひとつ。大祭。また、祝祭日の一つ。

収穫祭にあたるもので、11月23日に、天皇五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、また、自らもこれを食べ、その年の収穫に感謝する。宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われる[1]。 また、天皇が即位の礼の後に初めて行う新嘗祭を大嘗祭という。


歴史[編集]

日本では、古くから各地で五穀の収穫を祝う風習があった。また、宮中祭祀の中で最も重要な行事として古代から行われてきた。宮中祭祀としていつ頃に始まったか、また、原型はどのようであったかは不明である。『日本書紀仁徳天皇四十年条[2]に新嘗祭の記述があり、これが記録に見える最初のものである。[3]新嘗祭の儀式の中に、弥生時代に起源を持つと考えられるものがあるため、その原型は弥生時代に遡るという説もある。[4] 以降、伊勢神宮の神事の形式を取り入れていき、また、皇位継承儀礼に組み込まれながら(大嘗祭を参照[5]、宮中祭祀として続いてきた。

応仁の乱の後の混乱や朝廷の窮乏により一時中断したが、桜町天皇元文5年(1740年)に復興し、光格天皇寛政3年(1791年)以来、現在に至るまで毎年続けられている。 明治改暦以前は旧暦11月の二のの日(卯の日が2回しかない場合は下卯、3回ある場合は中卯とも呼ばれる。旧暦11月13日11月24日のいずれかが該当する)に行われていたが、明治6年(1873年)の太陽暦採用に際して新暦11月23日とされた[1]。これは、同年11月の二の卯の日が11月23日だったことによる。 明治41年(1908年)9月19日制定の「皇室祭祀令」では大祭に指定。同法は昭和22年(1947年)5月2日に廃止されたが、以降も同法令に基づいて新嘗祭が行われている。 また、「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム」および「休日ニ関スル件」により、明治6年(1873年)から昭和22年(1947年)まで同名の祝祭日休日)であった。以降も「国民の祝日に関する法律」により、勤労感謝の日と改称されて国民の祝日となっている[1]。なお、固定日の休日では最も長く続いている休日である。

現代では稀であるが、新嘗祭まで新米を口にしない風習ものこっている[要出典]

平成25年(2013年12月23日今上天皇が傘寿(80歳)の誕生日を迎えたのを記念し、宮内庁によって、初めて新嘗祭の様子が映像として公開された[6]

宮中での祭祀 [編集]

まず、新嘗祭の前日に鎮魂祭が行われる。鎮魂祭には新嘗祭に臨む天皇の霊を強化するという意義がある。 新嘗祭当日は、午後2時に宮中三殿で「新嘗祭賢所・皇霊殿・神殿の儀」が行われる。この儀式では、天皇陛下に代わり掌典職が宮中三殿に神饌と幣帛を捧げ、代拝を行う。また、午後に掌典長以下が神嘉殿内の母屋に神座、寝座、御座の奉安を行った後、「神嘉殿の儀」が行われる。神嘉殿の儀には、午後6時に始まる「夕の儀(よいのぎ)」と午後11時に始まる「暁の儀(あかつきのぎ)」がある。 二回とも同じ儀で、、神嘉殿に、その年に収穫された穀物をお供えする。天皇が身を清め、綾綺殿で白の御祭服を着た後、松明の明かりが照らす中を神嘉殿に入る。神嘉殿内の母屋で神座の前の御座に正座し、ピンセット型の竹箸で手ずから柏の葉の皿に神饌を移し、神前に供える(「御親供」という)。さらに礼拝し、皇祖皇宗に御告文(おつげぶみ)を奏上する。その後、米飯、粟飯、白酒、黒酒を食す(「御直会」という)。 また、奈良時代から平安時代においては、新嘗祭の翌日に豊明節会が行われていた。

また、新嘗祭当日には神宮(伊勢神宮)でも天照大御神をはじめとする神々に神饌を供える(「新嘗祭大御饌の儀」)。また、神宮に勅使を遣わし(16日に「神宮勅使発遣の儀」を行う)、外宮、内宮の順に幣帛と五穀を供える(「新嘗祭奉幣の儀」)。 神宮では両宮に引き続き、7日間かけてすべての宮社で新嘗祭の一連の儀式を行う。[7]


古伝新嘗祭[編集]

出雲大社では同じ日の夜に古伝新嘗祭(こでんしんじょうさい)が斎行される。釜社の神釜を安置し、神職が「オジャレマウ=お出でませ」と唱えると国造が参進する。神職は海獣の皮の上に神火調理の新穀玄米の強飯、ひとよ酒を置く。国造はこの供物を四方に献じ、相嘗する。その後、「歯固め神事」「百番の舞」「釜の神事」「神おろし」「御饌井祭」 などの重儀が行われる[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『年中行事事典』 西角井正慶、東京堂出版、1958年5月23日、584頁。
  2. ^ 『日本書紀』巻第十一 大鷦鷯天皇「卌年 (中略)是歲、當新嘗之月、以宴會日、賜酒於內外命婦等」
  3. ^ 神代(記紀神話)を除く。
  4. ^ 『大嘗祭―天皇制と日本文化の源流』工藤隆
  5. ^ 『大嘗祭―天皇制と日本文化の源流』工藤隆
  6. ^ “内奏や新嘗祭 映像で初公開”. NHK. (2013年12月23日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131223/k10014040041000.html 2013年12月24日閲覧。 
  7. ^ http://www.isejingu.or.jp/sp/topics/03tl4gk2.html
  8. ^ 出雲大社教教務本庁『出雲大社教布教師養成講習会』1989年9月全427頁中328頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]