皇嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

皇嗣(こうし)は、天子(皇帝や天皇)の跡継ぎのことである。

日本[編集]

律令制[編集]

律令制では皇位継承順位を明文化していなかった。例えば天皇の息子(皇太子)と弟(皇太弟)というように、皇位継承をめぐって権力闘争が起こった。

旧皇室典範での皇嗣[編集]

皇室典範(明治二十二年)第九條 
皇嗣精神若ハ身體ノ不治ノ重患アリ又ハ重大ノ事故アルトキハ皇族會議及樞密顧問ニ諮詢シ前數條ニ依リ繼承ノ順序ヲ換フルコトヲ得
同第十條 
天皇崩スルトキハ皇嗣卽チ踐祚シ祖宗ノ神器ヲ承ク

現行制度での皇嗣[編集]

皇室典範(1947年 - )には下記のように記述されている。

皇室典範第三条  
皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前條に定める順序に從つて、皇位継承の順序を変えることができる。
同・第四条
天皇崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。
同・第八条 
皇嗣たる皇子を皇太子という。皇太子のないときは、皇嗣たる皇孫を皇太孫という。

2017年天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づく皇位継承では、2019年(平成31年)4月30日の今上天皇退位と翌5月1日新天皇徳仁の即位・改元に伴い、皇位継承順位第1位となる秋篠宮文仁親王が「皇嗣」[1]、呼称は「秋篠宮皇嗣殿下」となる予定[2]。秋篠宮には「皇嗣職」がつくが皇太子とはならず、東宮職はつかない[3]

脚注[編集]

  1. ^ 「退位19年4月30日」決定 新元号、来年公表(2017年12月8日)、毎日新聞、2017年12月8日閲覧。
  2. ^ 天皇陛下譲位は2019年4月30日 皇室会議で決定、即位・改元は5月1日(2017年12月2日)、SankeiBiz、2017年12月8日閲覧。
  3. ^ 【譲位特例法成立】天皇の退位等に関する皇室典範特例法(全文)、付帯決議(全文)(2018年6月9日)、産経ニュース、2017年12月8日閲覧。

関連項目[編集]