皇嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

皇嗣(こうし、: Crown Prince)は、皇室典範において、皇位継承順位第1位の皇族を指す呼称[1]。現行の皇室典範では皇嗣のうち、天皇皇子である者には皇太子(こうたいし)、皇孫である者には皇太孫(こうたいそん)の称号を付している。

今上天皇在位中の皇嗣は、皇弟の秋篠宮文仁親王(第125代天皇明仁第二皇子)である。

概要[編集]

日本[編集]

古代、大王位の継承は不安定なものであり、有力な大王位継承者には「大兄」(おおえ)という称号こそ与えられたものの、大兄は必ずしも一人ではなく、大王位継承をめぐって皇族の対立が起きることは珍しくなかった。律令制においては皇位継承順位を明文化していなかったため、天皇の皇子(皇太子)と皇弟(皇太弟)というように、やはり皇位継承をめぐってしばしば権力闘争が起こった。これを防ぐため、天皇は在位中に立太子や立太孫、立太弟をして皇嗣を定めるか、譲位詔書に皇嗣を明記して安定的な皇位継承を行った。さらに摂関政治期や院政期には、天皇の外戚たる藤原氏の者や治天の君たる太上天皇が皇嗣の冊立を恣にした。

旧皇室典範での皇嗣[編集]

皇室典範(明治二十二年)第九條
皇嗣精神若ハ身體ノ不治ノ重患アリ又ハ重大ノ事故アルトキハ皇族會議及樞密顧問ニ諮詢シ前數條ニ依リ繼承ノ順序ヲ換フルコトヲ得
同第十條
天皇崩スルトキハ皇嗣卽チ踐祚シ祖宗ノ神器ヲ承ク

現行制度での皇嗣[編集]

皇室典範1947年 - )には下記のように記述されている。

皇室典範第三条
皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前條に定める順序に從つて、皇位継承の順序を変えることができる。
同・第四条
天皇崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。
同・第八条
皇嗣たる皇子皇太子という。皇太子のないときは、皇嗣たる皇孫を皇太孫という。

皇嗣(秋篠宮文仁親王)[編集]

「皇嗣」となる秋篠宮文仁親王

2017年6月に公布された天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づき、2019年(平成31年)4月30日に第125代天皇明仁が退位し、翌(令和元年)5月1日に第126代天皇徳仁が即位したのに伴い、秋篠宮文仁親王が皇嗣(皇位継承順位第1位の者)となり[2]、呼称は「秋篠宮皇嗣殿下」となった[3]。秋篠宮には「皇嗣職」がつき、東宮職と同等の待遇が与えられる[4]

政府は、文仁親王が皇嗣になることを広く国民に明らかにする立皇嗣の礼を、憲法で定める国事行為として行うことを決めている。

立皇嗣の礼の時期などについて、内閣官房や儀式の事務を担う宮内庁などで検討した結果、2019年(令和元年)10月に天皇徳仁が即位を内外に宣明する即位礼正殿の儀に臨んでからおよそ半年後の2020年(令和2年)4月、皇居宮殿・正殿の「松の間」などで行う方向となり、調整が進められている。

退位や即位に伴う式典を円滑に実施するため、宮内庁は「大礼委員会」を設けて検討を進め、立皇嗣の礼の期日や次第についても決められていくことになる[5]

令和発表の翌日には厚生労働省の委託により新しい手話を考案している全国手話研修センターの日本手話研究所が、令和と共に皇嗣を表す手話を発表した[6]

脚注[編集]

  1. ^ “立皇嗣の礼は20年4月19日に 19年のGWは10連休: 日本経済新聞” (日本語). 日本経済新聞. (2018年10月12日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO36403670S8A011C1MM0000 2018年10月12日閲覧。 
  2. ^ 「退位19年4月30日」決定 新元号、来年公表(2017年12月8日)、毎日新聞、2017年12月8日閲覧。
  3. ^ 天皇陛下譲位は2019年4月30日 皇室会議で決定、即位・改元は5月1日(2017年12月2日)、SankeiBiz、2017年12月8日閲覧。
  4. ^ 【譲位特例法成立】天皇の退位等に関する皇室典範特例法(全文)、付帯決議(全文)(2018年6月9日)、産経ニュース、2017年12月8日閲覧。
  5. ^ “「立皇嗣の礼」は再来年4月に - NHK” (日本語). NHK. https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181010/k10011665331000.html 2018年10月10日閲覧。 
  6. ^ 新しい手話の動画サイト - 日本手話研究所 厚生労働省委託 手話研究・普及等事業

関連項目[編集]