皇后宮職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

皇后宮職(こうごうぐうしょく、こうごうぐうしき)は皇后家政機関を指す。日本宮内庁においては宮内庁侍従職天皇皇后に関する事務をあわせて担当するため、現在はおかれていない。

皇后宮大夫(明治 - 日本国憲法施行前)[編集]

氏名 在任期間 備考
野宮定功 1869年9月3日 - 1871年1月30日
(明治2年7月27日 - 明治3年12月10日)
長谷信成 1871年1月30日 - 1871年11月16日
(明治3年12月10日 - 明治4年10月4日)
兼務
元田永孚 1878年(明治11年)6月20日 - 1881年(明治14年)5月14日
香川敬三 1881年(明治14年)5月14日 - 1882年(明治15年)11月15日
香川敬三 1882年(明治15年)11月15日 - 1886年(明治19年)2月4日 兼務
香川敬三 1886年(明治19年)2月5日 - 1912年(明治45年・大正元年)7月30日
一条実輝 1912年(明治45年・大正年)7月30日 - 1912年(大正元年)9月21日 心得
山内勝明 1912年(大正元年)9月21日 - 1912年(大正元年)12月17日 心得
馬場三郎 1912年(大正元年)12月28日 - 1914年(大正3年)6月27日 取扱
香川敬三 1914年(大正3年)6月27日 - 1914年(大正3年)7月31日 取扱
香川敬三 1914年(大正3年)7月31日 - 1915年(大正4年)3月20日 死去
徳川達孝 1915年(大正4年)3月23日 - 1916年(大正5年)6月22日 取扱
大森鍾一 1916年(大正5年)6月22日 - 1926年(大正15年・昭和元年)12月25日
珍田捨巳 1926年(大正15年・昭和元年)12月25日 - 1927年(昭和2年)3月3日 兼務
河井彌八 1927年(昭和2年)3月3日 - 1930年(昭和5年)3月4日 兼務
河井彌八 1930年(昭和5年)3月4日 - 1932年(昭和7年)9月17日
広幡忠隆 1932年(昭和7年)9月17日 - 1945年(昭和20年)10月23日
木下道雄 1945年(昭和20年)10月23日 - 1945年(昭和20年)11月24日

関連項目[編集]

参考文献[編集]