河井彌八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
河井彌八
かわい やはち
Yahachi Kawai.jpg
河井 彌八
生年月日 1877年10月24日
出生地 日本の旗 日本 静岡県
没年月日 (1960-07-21) 1960年7月21日(82歳没)
所属政党 緑風会
称号 従二位勲一等旭日桐花大綬章
親族 河井重藏

在任期間 1953年5月19日 - 1956年4月3日
テンプレートを表示

河井 彌八(かわい やはち、1877年10月24日1960年7月21日)は、日本官僚政治家侍従次長や第4代参議院議長を歴任する。静岡県出身。

来歴・人物[編集]

静岡県立掛川中学校(現在の静岡県立掛川西高等学校)を経て、1904年東京帝国大学卒業後、内務省に入省して佐賀県内政部長代理などを歴任する。1918年内閣法制局に移り、翌年に貴族院書記官長1926年内大臣府秘書官長となり、1930年から7年間にわたって皇后宮大夫侍従次長として昭和天皇香淳皇后の側近として仕えた。

1938年1月7日に貴族院議員に任命された[1]。貴族院では同成会に所属した。この間、鉄道会議議員を兼ねた。また大日本報徳社社長ともなっている。

サツマイモ栽培や砂防林の普及運動に力を尽くし「サツマイモ博士」とあだ名された[2]

戦後、第1回参議院議員通常選挙静岡県選挙区から立候補し、参議院議員に当選した。当選後は緑風会に所属し、3年後の第2回参議院議員通常選挙でも再選された[3]

1953年には参議院議長に就任した。1956年第4回参議院議員通常選挙では議長在任中だったが落選し、高齢だったこともあり政界引退を表明した。死後、従二位勲一等旭日桐花大綬章を贈られた。

公刊日記に、『昭和初期の天皇と宮中』(全6巻、岩波書店、1993-94年)および『河井弥八日記 戦後篇』(全5巻、信山社出版、2015年-)[4]がある。

1955年3月26日、河井は鳩山一郎とともにフリーメイソン第二階級に昇進した[5][6][要出典]

栄典[編集]

家族・親族[編集]

河井家は代々庄屋を務めていた家系であり、父の河井重藏は9代目の当主にあたる[8][9]。重藏は、静岡県会議員衆議院議員などを歴任した。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3302号、昭和13年1月8日。
  2. ^ 前田寿紀『戦中・戦後甘藷増産史研究』<淑徳大学総合福祉学部研究叢書22>学文社、2006年
  3. ^ 参議院の第1回選挙は全議席の選出が行われ、下位当選者の任期を3年と定めて次の選挙における半数改選議席としており、河井はこれに該当した。
  4. ^ 前者の解説・校訂は高橋紘ほか。後者は尚友倶楽部ほか 編。『参議院議長河井弥八日記』(中央公論(2013年7・8月号)が先行紹介された(内藤一成解説)。
  5. ^ Freemasonry and Modern Japanese History By Tim Wangelin , Far East Lodge No.1 , 2015-9-11閲覧。
  6. ^ 赤間88ページによれば1955年5月25日に「昇進が行われた」とある。
  7. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  8. ^ “田中正造の書簡、掛川で発見…市教委が公開へ”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). (2014年10月13日). オリジナル2014年10月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141021042339/http://www.yomiuri.co.jp/local/shizuoka/news/20141012-OYTNT50342.html 
  9. ^ “足尾鉱毒告発、田中正造書簡に伊藤博文の風刺画”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). (2014年10月13日). オリジナル2014年10月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141016001944/http://www.yomiuri.co.jp/culture/20141012-OYT1T50165.html 

関連項目[編集]


議会
先代:
佐藤尚武
日本の旗 参議院議長
第4代:1953年 - 1956年
次代:
松野鶴平
先代:
伊達源一郎
設置
日本の旗 参議院内閣委員長
1950年 - 1952年
1948年 - 1950年
次代:
竹下豊次
伊達源一郎
非営利団体
先代:
一木喜德郞
大日本報徳社社長
第4代:1945年 - 1960年
次代:
戸塚九一郎