葉室光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
葉室 光子
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 嘉永5年12月25日1853年2月3日
死没 明治6年(1873年9月22日
別名 緋桃典侍
墓所 護国寺東京都文京区大塚
官位 正五位
氏族 葉室家
父母 父:葉室長順、母:広橋康子
稚瑞照彦尊
テンプレートを表示

葉室 光子(はむろ みつこ、1853年2月3日嘉永5年12月25日〉- 1873年明治6年〉9月22日)は、江戸時代末期から明治時代の公家女性。明治天皇側室典侍

父は葉室長順、母は広橋康子の次女。明治5年(1872年)に典侍となる。宮中では緋桃と言われ、明治6年(1873年9月18日に第一皇子稚瑞照彦尊を出産する(お産の立ち合いには、明治天皇の命で楠本イネ〈日本人女性で初めての産科医フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトの娘〉が担当した。)が死産であり、光子もその4日後の9月22日に産後の経過不良により急逝した。享年21(満20歳)。豊島岡墓地に隣接する護国寺墓地に葬られた。

葉室光子
(1853-1873)
 
 
 
 
 
稚瑞照彦尊(1873・長男・死産
 
 
 
 
 
 
橋本夏子
(1856-1873)
 
 
 
 
 
 
稚高依姫尊:(1873・長女・死産
 
 
 
 
 
 
 
柳原愛子 (1855-1943)
 
 
 
 
 
 
 
 
梅宮薫子内親王(1875-1876・次女・夭折
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
建宮敬仁親王(1877-1878・次男・夭折
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明宮嘉仁親王 (1879-1926・三男・大正天皇)
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
滋宮韶子内親王(1881-1883・三女・夭折
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
増宮章子内親王(1883・四女・夭折
 
 
 
 
千種任子
 
 
 
 
 
 
久宮静子内親王(1886-1887・五女・夭折
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭宮猷仁親王(1887-1888・四男・夭折
 
 
 
 
 
 
 
 
 
常宮昌子内親王 (1888-1940・六女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹田宮恒久王[1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
周宮房子内親王 (1890-1974・七女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北白川宮成久王[2]
 
 
 
 
 
 
 
富美宮允子内親王(1891-1933・八女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝香宮鳩彦王[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満宮輝仁親王(1893-1894・五男・夭折
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
泰宮聡子内親王 (1896-1978・九女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東久邇宮稔彦王[4]
 
 
 
 
 
 
 
貞宮多喜子内親王(1897-1899・十女・夭折
 
 
 
園祥子
(1867-1947)


出典[編集]

  1. ^ 北白川宮能久親王の第1王子
  2. ^ 北白川宮能久親王の第3王子
  3. ^ 久邇宮朝彦親王の第8王子
  4. ^ 久邇宮朝彦親王の第9王子