葉室光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
葉室 光子
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 嘉永5年12月25日1853年2月3日
死没 明治6年(1873年9月22日
別名 緋桃典侍
墓所 護国寺東京都文京区大塚
官位 正五位
氏族 葉室家
父母 父:葉室長順、母:広橋康子
兄弟 長邦俊顕光子
稚瑞照彦尊
テンプレートを表示

葉室 光子(はむろ みつこ、1853年2月3日嘉永5年12月25日〉- 1873年明治6年〉9月22日)は、江戸時代末期から明治時代の公家女性。明治天皇側室典侍

父は葉室長順、母は広橋康子の次女。明治5年(1872年)に典侍となる。宮中では緋桃と言われ、明治6年(1873年9月18日に永田町御用邸で第一皇子を出産する(お産の立ち合いには、明治天皇の命で楠本イネ〈日本人女性で初めての産科医で、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトの娘〉が担当した。)が死産であり、光子もその4日後の9月22日に産後の経過不良により急逝した[1]。享年21(満20歳)。豊島岡墓地に隣接する護国寺墓地に葬られた。

死産となった皇子には5日後の明治6年9月23日太政官布告第327号をもって、稚瑞照彦尊(ワカミヅテルヒコノミコト)の諡号が贈られた[2]。墓所については、旧来の皇族墓所が遠方(京都)にあり、東京市下に墓所及び葬送儀式を行う広い面積を持つ場所が必要となったため、複数の候補地の中から「豊島ヶ岡御陵」が選定された。2020年令和2年)現在、天皇の長男(第一皇子)でありながら践祚前に薨去し、即ち皇位を継承しなかった最後の事例である[注釈 1]

注釈[編集]

  1. ^ 異母弟の大正天皇以降の昭和天皇・上皇・今上天皇はいずれも父たる天皇から見て長男(第一皇子)にあたり、いわゆる長子相続によって皇位が継承されている。

出典[編集]

  1. ^ 深瀬(2015-1), p. 163.
  2. ^ 故皇子稚瑞照彦尊ト御諡号 明治6年9月23日”. 日本法令索引〔明治前期編〕. 2020年1月7日閲覧。

参考文献[編集]