羽林家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

羽林家(うりんけ)は、鎌倉時代以降の公家家格のひとつで、摂家清華家大臣家の下、名家と同列、半家の上の序列に位置し、江戸時代武家官位においては各大名家に与えられる家格に相当する。



概要[編集]

近衛少将・中将を兼ね、参議から中納言、最高は大納言まで進むことができる武官の家柄(ただし、個々の家の立場(旧家新家、内々・外様など)によって昇進の速度や経路に異同がある)。

ごく稀ではあるが、内大臣まで昇進する者もいた。また、代わりに准大臣従一位を宣下されたり、本座宣下を受けた例もある。明治維新後の華族令では子爵伯爵に叙せられた。

羽林とは「の如く速く、の如く多い」という意で、中国では北辰(北斗星)を守護する星の名称。それが転じて皇帝(天子)を護る宮中の宿衛の官名となった。日本では近衛府の別称(唐名)となり、近衛の将を任ずる家、すなわち羽林家となった。

藤原北家閑院流(23家)[編集]

 

以下 4家は純粋には藤原北家公季流ではないが閑院流に属する。

藤原北家花山院流(5家)[編集]

藤原北家中御門流(9家)[編集]

藤原北家御子左流(4家)[編集]

藤原北家四条流(7家)[編集]

藤原北家水無瀬流(5家)[編集]

藤原北家高倉流(2家)[編集]

宇多源氏(3家)[編集]

村上源氏(8家)[編集]

関連項目[編集]