藤原頼宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原頼宗
時代 平安時代中期
生誕 正暦4年(993年
死没 康平8年2月3日1065年3月12日
別名 堀河右大臣(号)
官位 従一位右大臣
氏族 藤原北家御堂流中御門流
父母 父:藤原道長、母:源明子源高明女)
兄弟 彰子頼通頼宗妍子顕信
能信教通威子寛子長家
嬉子尊子長信盛子
正室:藤原伊周の娘
兼頼俊家基貞能長能季
頼観、延子昭子
テンプレートを表示

藤原 頼宗(ふじわら の よりむね)は平安時代中期から後期にかけての公卿摂政太政大臣藤原道長の次男。官位従一位右大臣堀河右大臣と号す。

経歴[編集]

幼名は巖。寛弘元年(1004年元服と同時に従五位上に叙せられる。

道長の正室とされたのは頼宗らの母の源明子ではなく、源倫子であったため、倫子腹の異母兄弟である頼通教通に比べ、頼宗の昇進は遅れた。長和3年(1014年)に権中納言治安元年(1021年)に権大納言に至る。

春宮大夫右近衛大将などを兼任し、永承2年(1047年内大臣康平3年(1060年)に右大臣に昇任した。康平8年(1065年)1月に病の為出家し、同年2月3日に73歳で薨去。

孫娘の藤原全子が頼通の孫藤原師通(妹藤原尊子の孫でもある)に嫁いで嫡男忠実を生んだ。そのため女系ながらも、頼宗の血筋は五摂家に繋がっている。頼宗の子孫は中御門流として続き藤原伊通は太政大臣に至り、鎌倉時代以降は羽林家の家格を有した。

人物[編集]

和歌に優れ、『後拾遺和歌集』(18首)以下の勅撰和歌集に41首が入集[1]。家集に『堀河右大臣集(入道右大臣集)』がある。歌人として紀貫之平兼盛と並び称されることがあった一方[2]、「この右府ののしる歌は、みな凡俗の境にのぞめり」(『八雲御抄』[3])との評価もある。また、大弐三位小式部内侍らの女流歌人を愛人にしていたという。 極度の近眼で内裏を歩く時につまづく事もあり嘲笑されていたと伝えられている。

官歴[編集]

系譜[編集]

  • 生母不詳

脚注[編集]

  1. ^ 『勅撰作者部類』
  2. ^ 『今鏡』藤波の下,絵合の歌
  3. ^ 『八雲御抄』用意部