唐橋家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
唐橋家
家紋
うめ
本姓 菅原氏高辻同祖
家祖 菅原在良
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 唐橋在数
唐橋在家
支流、分家 塩小路家地下家
一色氏(武家
凡例 / Category:日本の氏族

唐橋家(からはしけ)は菅原在良従四位上式部大輔従三位)(1041年 - 1121年)を祖とする堂上家高辻是綱正四位下大学頭)(1030年 - 1107年)は在良の兄に当たる。 正式には鎌倉時代末期から南北朝時代唐橋有雅従二位大膳大夫)(1275年 - 1356年)から唐橋の家名を称した。

唐橋家は菅原氏の嫡流とみなされ、氏長者である北野の長者を多数輩出していた[1]



家の歴史[編集]

室町時代には九条家家司となるが、明応5年(1496年)に九条家の経営に関するトラブルから唐橋在数正四位下大学頭大内記)(1448年 - 1496年)が九条政基尚経に殺害される事態となった。しかし、菅原氏一族からの猛烈な抗議により、九条政基尚経父子は後土御門天皇勅勘を蒙ることになり、唐橋家の危機は免れた。だが、この事件が唐橋家衰退のきっかけとなり、同家から氏長者・侍読を出すことはなくなった[1]

家格半家唐橋在豊1391年 - 1464年)以降、唐橋家は大内記文章博士大学頭等を経て、権大納言極官とした。

江戸時代後期の在家有職故実の研究に熱心で、元服について記した『冠儀浅寡抄』、笏についての『畢用録』、老人の装束故実をまとめた『宿徳装束抄』、狩衣について記した『布衣群色便蒙抄』など多くの著書がある。

家業は紀伝道江戸時代家禄は182明治維新後は在綱子爵に叙せられた。

系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の唐橋家領は以下の通り。(3村・182石5斗)

  • 山城国葛野郡上桂村のうち - 44石2斗6升
  • 山城国乙訓郡西土川村のうち - 55石7斗4升
  • 山城国乙訓郡灰方村のうち - 82石5斗

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 伊藤慎吾『室町戦国期公家社会と文事』三弥井書店2012年、P28-29
  2. ^ 菅原為長の子。
  3. ^ 西坊城定雄の子。
  4. ^ 五条為庸の子。
  5. ^ 東坊城聡長の子。

参考文献[編集]