山井家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山井家
No image available.svg
きく
本姓 藤原北家水無瀬家庶流
家祖 山井兼仍
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
凡例 / Category:日本の氏族

山井家(やまのいけ)は、藤原北家水無瀬家庶流公家縫殿助桜井兼里の次男・山井兼仍を祖とする。家格羽林家。家業はの製造。江戸時代石高御蔵米30石[1]明治維新後は、兼文子爵に叙せられ、貴族院議員を務めた。


系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
桜井兼里
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桜井兼供
桜井家
山井兼仍1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼前2氏栄
 
 
 
氏栄3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仍敦4仍孝
 
 
 
仍孝5
 
 
 
氏興6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏暉7氏胤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氏胤[2]氏親
 
 
 
兼文8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼武9兼忠兼孝兼智

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)山井 (日本語)
  2. ^ 1884年5月30日廃嫡。『平成新修旧華族家系大成』下巻、809頁。

出典[編集]

外部リンク[編集]