四条家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四条家
家紋
田字草
本姓 藤原北家魚名流[1]嫡流
家祖 藤原隆季[1]
種別 公家羽林家[1]
華族侯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 四条隆衡
四条隆資
四条隆蔭
四条隆謌
四条隆彦
支流、分家 山科家羽林家
鷲尾家(羽林家)
西大路家(羽林家)
油小路家(羽林家)
櫛笥家(羽林家)
八条家(羽林家)
四条家(分家)華族男爵))
凡例 / Category:日本の氏族

四条家(しじょうけ)は、羽林家家格を有する公家[1]藤原北家魚名流[1]嫡流藤原家成の一男隆季を家祖とする[1]。家名は、隆季が四条大宮に構えた邸宅により、大宮とも称した[1]。分家に山科家鷲尾家西大路家[1]油小路家[1]櫛笥家がある。

概要[編集]

家業は料理庖丁道一条家家礼江戸時代家禄は180石[1]外様。菩提所は鞍馬口浄善寺[1]

魚名流は平安時代末の顕季正三位に叙されて以来、代々公卿に列するようになる。顕季は洛東白河に善勝寺を創建したが、やがてこれが四条流一門の氏寺となり、当主は善勝寺長者と称した。その曾孫隆季権大納言に至り、以後これが先途となる。その子隆房歌人として有名で、その子隆衡後鳥羽院近臣として富威を誇った。その子隆親は初め二男隆顕を家嫡としたが、父子不和に陥ると、一男房名が家嫡となったため、鎌倉時代後期に家系は二流に分裂。隆親の孫隆資南朝公家大将として八幡の戦いで戦死し[1]、その子隆俊も南朝で内大臣にまで昇ったが、隆顕流は南朝と運命をともにして断絶した。

一方の房名には子息があったにもかかわらず、家督は一門庶流の隆名が相続した。その5代の孫隆量は子息が早世したために後嗣なく、中御門家から隆永を迎えて養子とする。その孫隆益永禄10年(1567年)没するに及んで四条家は一旦中絶するが、天正3年(1575年冷泉為益の男で、二条家諸大夫月輪家を相続していた家賢が隆昌と改名して家名を再興。幕末明治維新期の隆謌尊皇攘夷派の公卿として国事に奔走し、七卿落ちの憂き目を見るも、戊辰戦争の功績により復権して、陸軍中将にまで累進した。1884年明治17年)7月伯爵が授けられ、1891年(同24年)4月隆謌の勲功により侯爵のぼっている[1]

隆謌の子隆愛陸軍に入って騎兵少佐に進む。その子隆徳貴族院議員を務め、1977年昭和52年)に死没。

歴代当主[編集]

  1. 藤原隆季(1127年 - 1185年)
  2. 藤原隆房(1148年 - 1206年)
  3. 四条隆衡(1172年 - 1254年)
  4. 四条隆親(1203年 - 1279年)
  5. 四条房名(1229年 - 1288年)
  6. 四条隆名(? - 1322年)
  7. 四条隆宗(? - 1358年)
  8. 四条隆郷(1326年 - 1410年)
  9. 四条隆直(1357年 - 1436年)
  10. 四条隆盛(1397年 - 1466年)
  11. 四条隆量(1429年 - 1503年)
  12. 四条隆永(1478年 - 1538年)
  13. 四条隆重(1507年 - 1539年)
  14. 四条隆益(1531年 - 1567年)
  15. 四条隆昌(1556年 - 1613年)
  16. 四条隆術(1611年 - 1647年)
  17. 四条隆音(1637年 - 1670年)
  18. 四条隆安(1663年 - 1720年)
  19. 四条隆文(1689年 - 1738年)
  20. 四条隆叙(1730年 - 1801年)
  21. 四条隆師(1756年 - 1811年)
  22. 四条隆考(1781年 - 1801年)
  23. 四条隆生(1793年 - 1857年)
  24. 四条隆美(1815年 - 1834年)
  25. 四条隆謌(1828年 - 1898年)
  26. 四条隆愛(1880年 - 1938年)
  27. 四条隆徳(1907年 - 1977年)

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 太田 1934, p. 2770.

参考文献[編集]

参考史料
系図参考文献