梅渓季通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
梅溪季通
時代 江戸時代前期
生誕 慶長20年3月29日1615年4月26日
死没 万治元年2月2日1658年3月5日
官位 従三位参議
主君 後水尾天皇明正天皇後光明天皇後西天皇
氏族 梅溪家
父母 父:久我通世、母:不詳
不詳
英通神保茂清
特記
事項
梅溪家の祖
テンプレートを表示

梅溪 季通(うめたに すえみち)は、江戸時代前期の公卿久我家の分流である公家梅溪家の祖。官位は従三位参議

経歴[編集]

寛永元年(1624年)に叙爵。寛永6年(1629年)には勘解由次官に任じられる。寛永20年(1643年)に左近衛少将正保2年(1645年)には参議となり、公卿に列する。同年左近衛中将を兼務している。明暦元年(1655年)に参議を辞した。

系譜[編集]

関連項目[編集]

先代:
久我通世
梅溪家
初代
次代:
梅溪英通