町尻家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
町尻家
No image available.svg
きく
本姓 藤原北家水無瀬流
家祖 町尻具英
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
著名な人物 町尻量基
町尻量光
凡例 / Category:日本の氏族

町尻家(まちがみ[1]/まちじり[注 1] け)は藤原北家水無瀬流公家華族である。公家としての家格は羽林家、華族としての家格は子爵[2]

歴史[編集]

権中納言水無瀬兼俊の次男具英を祖とする。家格羽林家江戸時代の石高は御蔵米30石[1]。水無瀬兼俊の舅にあたる戦国大名福島正則開基の妙心寺海福院菩提寺

明治維新後の明治2年(1869年)6月17日の行政官達で公家と大名家が統合されて華族制度が誕生すると町尻家も公家として華族に列した[3][4]。明治17年(1884年)7月7日の華族令の施行で華族が五爵制になると、同8日に大納言直任の例がない旧堂上家[注釈 1]として量衡子爵に叙された[6]

11代量弘には子がなかったため壬生家から量基が養子に入り、陸軍軍人となり陸軍中将陸軍省軍務局長などを務めた。彼の代に町尻子爵家の邸宅は京都市上京区寺町通にあった[7]。量基は、賀陽宮邦憲王の第一王女由紀子女王と結婚して4男1女を儲けたが、長女・登喜子は、講談社社長野間恒夫人、次いで野間省一夫人となり、二人の間に野間佐和子を儲ける。キングレコード社長を務めた次男が12代量光である。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
水無瀬兼俊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
水無瀬氏信町尻具英1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼豊
水無瀬家
兼量兼豊2
 
 
 
兼量3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼重4堤為量兼久量子[8]
 
 
 
兼久5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼望6七条隆房
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
量原7[9]七条成信
 
 
 
量聡8
(兼聡)
 
 
 
量輔9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
量政量衡10[10]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
量弘11量能大岡忠量
(量雄)
 
 
 
量基[11]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
量光12野間登喜子[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 中納言からそのまま大納言になることを直任といい、中納言を一度辞してから大納言になるより格上の扱いと見なされていた。叙爵内規は歴代当主の中にこの大納言直任の例があるか否かで平堂上家を伯爵家か子爵家かに分けていた[5]
  1. ^ 「町尻」は堂上家本家の家名としては「まちがみ」が正しいが、明治以降になると「まちじり」とする者も散見するようになる。

出典[編集]

文献[編集]

  • 浅見雅男 『華族誕生 名誉と体面の明治』リブロポート、1994年(平成6年)。 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 
  • 橋本政宣 編『公家事典』 吉川弘文館、2010年
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、 霞会館、1996年
  • 近藤敏喬 編『宮廷公家系図集覧』 東京堂出版、1994年