澤家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
澤家
家紋
鶴菱
本姓 清原氏舟橋庶流
伏原庶流
家祖 澤忠量
種別 公家半家
子爵伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 澤為量
澤宣嘉
支流、分家 澤家(分家、男爵
凡例 / Category:日本の氏族

澤家(さわけ、新字体:沢家)は、清原氏の流れを汲む堂上家江戸時代の初めの正二位大蔵卿伏原宣幸(ふせはら のぶゆき、1637–1705年)の次男で従二位右衛門佐澤忠量(さわ ただかず、1637–1754年)を祖とする。

江戸時代の家禄は30石。幕末には為量宣嘉父子が勤皇攘夷派の急先鋒として活躍した。

明治維新後は為量が子爵に叙せられたが、為量・宣嘉父子の功績が認められ、宣量の代に半家の中で唯一伯爵に陞爵した[1]

系図[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
伏原宣幸
 
 
 
澤忠量
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宣成 北小路光香
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠典 宣維
 
 
 
宣維
 
 
 
久量
 
 
 
量行
 
 
 
為量⑦・⑨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宣嘉 宣種 久子[注 1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宣種[注 2][2] 宣量 [男爵家]
宣元
 
 
 
宣武

補注[編集]

  1. ^ 公爵岩倉具定
  2. ^ 明治9年(1876年)9月21日廃嫡

出典[編集]

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、694頁。
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、693頁。

参考文献[編集]