油小路家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
油小路家
家紋
田字草
本姓 藤原北家四条流西大路庶流
家祖 油小路隆蔭
種別 公家羽林家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国、東京府東京都
支流、分家 河辺家
凡例 / Category:日本の氏族

油小路家(あぶらのこうじけ)は藤原北家四条流公家である。四条家の分家西大路家庶流で、家格羽林家西大路隆政の二男・隆蔭を祖とする。室町時代末期に隆継の子隆秀が早世したことにより江戸時代初期まで中絶していたが、広橋兼勝の次男・隆基により再興された。江戸時代の石高は150石[1]

明治維新後は、油小路隆晃伯爵に叙せられた。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
西大路隆政
 
 
 
油小路隆蔭1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆家2 顕保3
 
 
 
 
 
隆信4 隆夏
 
 
 
隆夏5
 
 
 
隆継6[2]
 
 
 
隆秀
 
 
 
〔中絶〕
 
 
 
隆基7
 
 
 
隆貞8
 
 
 
隆真9
 
 
 
隆典10
 
 
 
隆前11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆彭12 鷲尾隆純
 
 
 
隆道13[3]
 
 
 
隆晃14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆董15 河辺隆次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆元16 八条隆正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隆成17 石井隆臣 池坊専威
(隆久)
 
 
 
 
 
隆英18 池坊専永

脚注[編集]

  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)油小路
  2. ^ 西川房任の子。
  3. ^ 山科忠言の2男。

参考文献[編集]

  • 橋本政宣編『公家事典』吉川弘文館、2010年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。

外部リンク[編集]