高倉家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高倉家
家紋
ささりんどう
笹竜胆
本姓 藤原北家長良流
家祖 高倉永季
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京都
著名な人物 高倉永行
支流、分家 堀河家羽林家
樋口家羽林家
凡例 / Category:日本の氏族

高倉家(たかくらけ)は藤原北家である藤原長良の子孫である従二位参議高倉永季(ながすえ、1338–1392年)を祖とする堂上家家格半家江戸時代の家禄は812、分家に堀河家樋口家の両羽林家がある。明治維新後は永則子爵に叙せられた。



概要[編集]

長良の系統は藤原北家の主流から大きく外れ、永季の父範賢までは六位蔵人を務める地下官人だった。しかし永季は衣文道を以って後光厳天皇後円融天皇後小松天皇の3代にわたって仕え、その功により公卿の仲間入りを果たした。

永季の子の正三位参議高倉永行(生年不詳 – 1416年)以降は足利将軍家の衣文道の指導にも当たり、朝廷での有職故実山科家にも伝授した。これが衣文道の高倉流山科流の始まりである。

戦国時代高倉永相(1530年 – 1586年)は室町幕府最後の将軍足利義昭とともに二条城織田信長と戦ったが敗北し、信長に投降した。そして後に許されて正二位権大納言となり、これがこれ以降の高倉家当主の極官となる。

江戸時代は代々徳川将軍家の衣装調達や衣文道の指導にも当たり、江戸滞在の折には各大名家で有職故実や衣文道の知識を広めていった。

高倉家伝来の古文書典籍装束などは有職文化研究所(旧名「高倉文化研究所」)に所蔵されており、同研究所は伝統保持のための運動を地道に進めている。


系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の高倉家領は以下の通り。(8村・815石3斗2升6合6勺)

  • 山城国葛野郡上野村のうち - 210石8斗7升5合
  • 山城国葛野郡上嵯峨村のうち - 21石6斗4升4合6勺
  • 山城国葛野郡天竜寺門前のうち - 2石8升2合
  • 山城国葛野郡池裏村のうち - 31石9斗8升3合5勺
  • 山城国葛野郡高田村のうち - 50石2升6合5勺
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 18石7斗6升
  • 山城国紀伊郡竹田村のうち - 462石
  • 山城国紀伊郡深草村のうち - 17石9斗5升5合

参考文献[編集]

外部リンク [編集]