三上参次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三上 参次
人物情報
生誕 (1865-10-29) 1865年10月29日
日本の旗 日本 播磨国神東郡御立村
(現・兵庫県姫路市
死没 1939年6月7日(1939-06-07)(73歳)
学問
研究分野 歴史学(日本史学)
研究機関 東京帝国大学
テンプレートを表示

三上 参次(みかみ さんじ、慶応元年9月10日1865年10月29日) - 1939年6月7日[1])は、日本史学者。

経歴[編集]

播磨国神東郡御立村の漢方医・幸田貞助の三男として生まれ、1875年に砥堀村寺子屋を開いていた元姫路藩江戸詰藩士(足軽)・三上勝明の養子となる[2][3]。養父は地元の小学校の校長を務めたのち、姫路市街に移り砂糖・乾物を商う「三上屋」に転じた[2]。参次は旧制姫路中学校を中退して小学校の代用教員となったが、養父の希望で農学校進学のため上京し、本郷元町にあった進学予備校「進文学舎」を経て1881年に東京大学予備門入学、教師の勧めもあり農学から史学に変更し、1885年東京帝国大学文学部入学、田辺はると結婚し、翌年長男勝誕生[2][3]

1889年東京帝国大学和文学科卒業[4]。同大史料編纂掛に入り、史料編纂官を経て、1899年東京帝国大学教授、史学科から国史学科が分離するのに尽力した。1908年8月4日、帝国学士院会員となる[5]。大正期に『明治天皇紀』などを編纂し、1932年貴族院議員(帝国学士院会員議員)。また史学会創設に関与し、1936年に理事長。

1939年、肝臓膿瘍のため死去[6]

長男の三上勝(1886年生)は東京帝国大学支那文学科卒業後三井物産に勤務ののち外遊、1925年帰国し、大正海上火災保険監査役となる[7]。その妻・智恵子(1893年生、学習院女学部卒)は三井養之助(鐘紡社長、三井物産重役)の三女[3]。 長女の登代(1891年生)は東京府立第二高等女学校卒業後、大海原重義の妻となった[3]。 五男の三上進は (1896年生)は不動貯金銀行監査役、妻は同銀行頭取の牧野元次郎二女[8]

弟子に辻善之助中村孝也などがいる。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第3730号、昭和14年6月14日、p.396
  2. ^ a b c 三上参次先生のことども 没後80年三上参次顕彰会、平成31年1月
  3. ^ a b c d 三上参次『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  4. ^ 『官報』第1809号、明治22年7月11日、p.124
  5. ^ 『官報』第7533号、明治41年8月5日。
  6. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)26頁
  7. ^ 三上勝『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  8. ^ 三上進『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  9. ^ 『官報』第2776号「叙任及辞令」1892年9月27日。
  10. ^ 『官報』第7980号「叙任及辞令」1910年2月1日。
  11. ^ 『官報』第7954号「叙任及辞令」1909年12月27日。
  12. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。
  13. ^ 『官報』第22号「叙任及辞令」1927年1月26日。