阪谷芳郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阪谷芳郎
さかたに よしろう
Baron Mr. Yoshiro Sakatani.jpg
生年月日 1863年3月5日
出生地 日本の旗 日本 備中国川上郡九名村
(現岡山県井原市)
没年月日 (1941-11-14) 1941年11月14日(78歳没)
出身校 東京大学文学部政治学科
所属政党 公正会
称号 帝都復興記念章
大礼記念章
勲一等旭日大綬章
正四位
勲二等瑞宝章
従四位
正五位
勲四等旭日小綬章
正六位
正七位
配偶者 阪谷琴子
子女 長男・阪谷希一
親族 岳父・渋沢栄一(貴族院議員)
娘婿・堀切善次郎(内務大臣)
娘婿・中村貫之(貴族院議員)
玄孫・橋本岳(衆議院議員)

日本の旗 第11代 大蔵大臣
内閣 第1次西園寺内閣
在任期間 1906年1月7日 - 1908年1月14日

在任期間 1917年1月27日 - 1941年11月11日

在任期間 1912年7月12日 - 1915年2月25日
テンプレートを表示
阪谷芳郎

阪谷 芳郎(さかたに よしろう[1]文久3年1月16日1863年3月5日) - 昭和16年(1941年11月14日)は、日本大蔵官僚、政治家。子爵法学博士備中国川上郡九名村(現井原市)出身。大蔵大臣東京市長貴族院議員などを歴任した。父親は阪谷朗廬。曾孫の橋本久美子首相を務めた橋本龍太郎の妻である。

経歴[編集]

後月郡西江原村(現・岡山県井原市)に、幕末に開国派として活躍した漢学者、阪谷朗廬の四男として生まれる。明治6年(1873年)に父の友人である箕作秋坪の三叉学舍に入り、明治9年(1876年)東京英語学校に入学、明治13年(1880年)東京大学予備門を卒業[2]

明治17年(1884年)に東京大学文学部政治学科(現:法学部第3類)を卒業後、大蔵省に入省する。専修学校や海軍主計学校で教鞭をとる。明治21年(1888年)に渋沢栄一の娘琴子と結婚し、会計法など財務に関する法律の整備に力を注いだ[2]。明治27年(1894年)の日清戦争では大本営付で戦時財政の運用にあたり、戦後の財政計画も担当した[2]。明治30年(1897年)には大蔵省主計局長となり、明治32年(1899年)には法学博士の称号を与えられ、明治34年(1901年)大蔵省総務長官にまでのぼった[2]

明治36年(1903年)には大蔵次官となり、日露戦争では臨時煙草局製造準備局長と臨時国債整理局長も兼任し、軍事費の調達および戦後の財政処理を行う[2]。明治39年(1906年)には大蔵大臣第1次西園寺内閣)を務めた。明治40年(1907年)9月、日露戦争の功績により男爵が授けられる。明治41年(1908年)に大蔵大臣を辞任して大蔵省を去り、半年間外遊する[2]

明治45年(1912年)7月から大正4年(1915年)2月まで東京市長を務めた。市長在任中に、明治神宮明治神宮野球場の造営や乃木神社の建立に尽力した。市長辞職後、大正4年に『家庭の経済』刊行[2]。大正6年(1917年)1月27日には補欠選挙で貴族院男爵議員に選ばれ[3][4]、1941年11月11日に子爵に陞爵するまで在任した[5]。大正8年(1919年)、男爵議員による貴族院院内会派公正会の結成に際しては、幹事の一人を務めている。

昭和3年(1928年日本ホテル協会会長就任[6]専修大学にも教員として出講し、のち学長を務め、創設者の一人で初代学長だった相馬永胤死後の大学運営を取り仕切った。

昭和16年(1941年)4月、脳溢血で倒れ、紀元二千六百年奉祝事業に尽力したことが功績とされ、子爵に陞爵した。同年11月没。

栄典[編集]

位階
勲章等

社会活動[編集]

阪谷芳郎は多くの会社・学校・団体や事業に関与し、「百会長」と評された。よく英語に通じ、カーネギー平和財団の会議や、パリ連合国政府経済会議などに出席している。大日本平和協会日本国際連盟協会の創設にも関わった。また、外地の日本語教育に熱心で、日語文化学校を創設した。帝国発明協会では24年(1917年 - 1941年)の長きにわたり会長を務める。

都市計画にも関心が深く、蔵相在任時に神戸港築港計画を決定し(ただし、後日港湾を管轄する内務省からは「越権行為」と非難され、閣内紛糾の一因となった)、またのちに都市美協会会長も務めた。

家族・親族[編集]

二女の和子。夫と子供たちと

系譜[編集]

阪谷家(阪谷家系図
2代四郎兵衛の頃、延宝8年(1680年検地帳に、26反7畝2歩(2.65ha)の田と1町5反4畝2歩(1.53ha)の畑を所有とある。3代治兵衛の頃には、田畑4町9反8畝(4.94ha)の地主になった。5代甚平(甚八)は同村友成の伊達家から婿養子に迎えられ、中興の祖となった。2町7反6畝7歩(2.74ha)の田と1町1反9畝7歩(1.19ha)の畑を所有して高合計24石となった。延享2年(1745年)に酒造を始め、天明5年(1785年)に250石仕込んだが、天明の飢饉により同6年に半減、同7年には3分の1まで減少した。領主戸川氏から坊主格を賜り、“坂谷”から“坂田”と改姓した。寛延2年(1749年)に御札座役となり札屋と呼ばれるようになった。
                 ┏喜左衛門
四郎兵衛━━四郎兵衛━━治兵衛━━┫
                 ┗左治兵衛━━甚平━━甚兵衛宗房━━三五八良哉━━素三郎(朗廬)
        ┏━礼之介
        ┃
        ┣━次雄
 (朗廬)   ┃
素(素三郎)━━╋━達三
        ┃
        ┣━芳郎━━━━━┳━希一━━━━━┳━正子
        ┃        ┃        ┃
        ┗━時作     ┣━敏子     ┣━朗子
                 ┃        ┃
                 ┣━和子     ┣━芳直━━━━━┳━素子
                 ┃        ┃        ┃
                 ┣━俊作     ┣━理子     ┣━英子
                 ┃        ┃        ┃ 
                 ┣━八重子    ┣━順子     ┣━民子
                 ┃        ┃        ┃
                 ┣━千重子    ┣━春子     ┗━綾子━━━━━┳━直樹
                 ┃        ┃                 ┃
                 ┗━総子     ┗━秀直              ┗━裕璃
                                                                                                                                            

[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 読みは『平成新修旧華族家系大成』『議会制度七十年史』による。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 阪谷芳郎の家庭教育伊藤真希、愛知淑徳大学大学院現代社会研究科、現代社会研究科研究報告6、2011-03-04
  3. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、24頁。
  4. ^ 『官報』第1345号、大正6年1月29日。
  5. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、50頁。
  6. ^ 歴代会長日本ホテル協会
  7. ^ 『官報』第2538号「叙任及辞令」1891年12月14日。
  8. ^ 『官報』第3199号「叙任及辞令」1894年3月1日。
  9. ^ 『官報』第4207号「叙任及辞令」1897年7月12日。
  10. ^ 『官報』第5475号「叙任及辞令」1901年10月1日。
  11. ^ 『官報』第6766号「叙任及辞令」1906年1月22日。
  12. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  13. ^ 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日。
  14. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  15. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  16. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  17. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  18. ^ 『官報』第4455号「叙任及辞令」1941年11月13日。
  19. ^ 高嶺俊夫『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  20. ^ 阪田実『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]

参考文献[編集]

研究・評伝[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
三上参次
日本の旗 史蹟名勝天然紀念物調査会会長
1939年 - 1941年
次代
筑波藤麿
先代
井上準之助
日本の旗 台湾銀行調査会
1927年 - 1929年
次代
(廃止)
学職
先代
渡辺洪基
東京統計協会会長
1901年 - 1941年
次代
窪田静太郎
先代
相馬永胤
学長
専修大学総長
1934年 - 1941年
学長
1924年 - 1934年
次代
道家斉一郎
先代
穂積陳重
国家学会評議員長
1918年 - 1938年
次代
小野塚喜平次
その他の役職
先代
清浦奎吾
帝国発明協会会長
1917年 - 1941年
次代
鶴見左吉雄
先代
大隈重信
帝国飛行協会会長
1925年 - 1941年
次代
田辺治通
大日本飛行協会会長
先代
(新設)
都市美協会会長
1926年 - 1941年
次代
渋沢秀雄
先代
山県伊三郎
中央朝鮮協会会長
1927年 - 1941年
次代
宇垣一成
先代
大倉喜八郎
日本ホテル協会会長
1928年 - 1941年
次代
大倉喜七郎
先代
後藤新平
東京市政調査会会長
1929年 - 1941年
次代
永田秀次郎
先代
徳川家達
日本倶楽部会長
1940年 - 1941年
次代
原嘉道
先代
(新設)
大東京緑地協会会長
1941年
次代
中島久万吉
日本の爵位
先代
陞爵
子爵
阪谷家初代
1941年
次代
阪谷希一
先代
叙爵
男爵
阪谷家初代
1907年 - 1941年
次代
陞爵