牧野元次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
牧野元次郎

牧野 元次郎(まきの もとじろう、1874年明治7年)2月17日 - 1943年昭和18年)12月7日)は、日本の実業家不動貯金銀行(のちの協和銀行りそな銀行)創業者・元頭取。定期積金を考案し業績を拡大させ「貯金王」などと呼ばれた。族籍は東京府士族[1][2]

経歴[編集]

千葉県君津郡久留里町(現君津市)出身[3]。旧久留里藩士・牧野治の長男[1][3]。父・牧野治は明治維新後は警察官吏となり、牧野が小学校に入学する頃には千葉県内の各地に赴任、警察署長も務めた人物[4]

1886年、印幡郡土室村の北総英漢義塾に入学[4]。病気のため高等商業学校(のちの一橋大学)中退[4]。過度の勉学への意志が牧野の精神を侵した[4]。病も癒えた1894年、21歳の牧野は成田町に創立された成田銀行に勤めた[4]

1900年、不動貯金銀行設立[4]。資金を提供したのは岳父の小堀清であり、頭取も小堀が務めた[4]。1904年、頭取就任。1941年相談役となる[2]。1943年、死去。

人物[編集]

当初「不動貯金」(据置貯金。現在の定期預金だが期間が超長期のもの。)や「出世貯金」(抽選で利子を先払いする貯金)を考案したが失敗。

1901年に「三年貯金」(のち「ニコニコ貯金」の名称で普及した。現在の定期積金)を考案し、開始。外務員が預金者を勧誘、毎回に訪問して掛け金を集金し、急な払い戻しにも応じるサービスが受け、業績が拡大。不動貯金銀行は大黒信仰を基にした「ニコニコ主義」をモットーに日々の貯蓄の重要性を外務員を通じて預金者に説いた牧野の経営手腕により、全国規模で最大手の貯蓄銀行となった[5]

1930年の共立女子薬学専門学校(のちの共立薬科大学慶應義塾大学薬学部)設立にもかかわる。

牧野の偉業を讃え、毎年芝大神宮で貯金祭が開催されている。

1912年家督を相続[2]。趣味は心霊問題の研究[2]。宗教は真言宗[2]。住所は東京市麻布区仲ノ町[1][2]

家族・親族[編集]

牧野家

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『人事興信録 第5版』ま86頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第13版 下』マ35頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月30日閲覧。
  3. ^ a b 『財界の名士とはこんなもの? 第2巻』136 - 138頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 常見耕平「牧野元次郎の人事管理論」経営・情報研究 No. 6(2002)、多摩大学経営情報学部。
  5. ^ 1987/09/20, 日本経済新聞、1982/10/17, 日本経済新聞

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 湯本城川『財界の名士とはこんなもの? 第2巻』事業と人物社、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。