星野恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星野恒

星野 恒(ほしの ひさし、天保10年7月7日1839年8月15日) - 大正6年(1917年9月6日)は、国史学者・漢学者、東京帝国大学教授。名は世恒、は徳天、通称は恒太郎(ひろたろう)、号は豊城。

来歴[編集]

越後国蒲原郡白根町(現在の新潟県新潟市)生まれ。万延元年(1860年江戸に出て塩谷宕陰について漢学を学び、明治8年(1875年修史事業に参加、明治14年(1881年)編修官に任ぜられ、明治21年(1888年)10月帝国大学文科大学(現在の東大文学部)教授に転任、明治24年(1891年)8月文学博士の学位を受け、明治39年(1906年帝国学士院会員となり、明治44年(1911年史学会評議員長となる。

大正6年(1917年)、脳出血のため死去[1]

業績[編集]

  • 明治12年(1879年)から明治18年(1885年)にかけて『国史纂要』を著す。
  • 1890年重野安繹久米邦武とともに『国史眼』を編纂した。同1890年、「本邦ノ人種言語ニ付鄙考ヲ述テ世ノ真心愛国者イ質ス」と題する論文を発表、スサノオが「新羅の主」であり、朝鮮と日本はもとはひとつの国であったと主張、のちに日鮮同祖論として形成される言説の先駆となった。
  • 明治26年(1893年)、久米邦武筆禍事件により久米、重野とともに編修官を解任されている。
  • 明治32年(1899年)、『竹内式部君事蹟考』を発表。
  • 明治42年(1909年)『史学叢説』を著した。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)269頁
  2. ^ 『官報』第8105号「叙任及辞令」1910年6月29日。
  3. ^ 『官報』第311号「叙任及辞令」1913年8月12日。

参考文献[編集]

  • 中尾尭「星野恒」(『日本古文書学講座』第9巻月報、雄山閣、1977年)
  • 中村昌司「星野恒」(『郷土の碩学』、新潟日報事業社、2005年)

関連事項[編集]