塩谷宕陰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塩谷 宕陰(しおのや とういん、文化6年4月17日1809年5月30日) - 慶応3年8月28日1867年9月25日))は、江戸末期の儒学者

江戸愛宕山下に生まれる。名は世弘、字は毅侯、別号は九里香園、悔山、晩薫廬。文政7年(1824年昌平黌に入門し、また松崎慊堂に学んだ。遠江掛川藩主の太田氏に仕え、嘉永6年(1853年ペリー来航の際に献策し、海防論を著す。文久2年(1862年)昌平黌教授に抜擢され修史に携わる。甥に漢学者・塩谷青山がおり、その子は支那学者の塩谷温である。

没後刊行の著書[編集]

  • 宕陰存稿 山城屋政吉, 1870
  • 大統歌 名山閣, 1873
  • 昭代記 塩谷時敏, 1879
  • 茗黌廿勝小記 高美書店, 1890
  • 宕陰〔ヨウ〕稿 谷門精舎, 1931
  • 丕揚録 近藤出版社(日本史料選書), 1971