神東郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
兵庫県神東郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

神東郡(じんとうぐん)は、兵庫県播磨国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 姫路市の一部(豊富町各町・山田町各町・船津町・砥堀・仁豊野)
  • 神崎郡福崎町の一部(市川以東)
  • 神崎郡市川町の一部(市川以東)
  • 神崎郡神河町の一部(貝尾、寺野、柏尾、東柏尾、粟賀町、吉冨、山田、根宇野より南東)

歴史[編集]

古代神崎郡が平安時代末期に市川を境に神東郡・神西郡に分割されて成立。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 1村 南山田村
旗本領交代寄合池田氏 9村 根宇野村、山田村、●中村、粟賀村、福本村、貝野村、寺野村、加納村、●上吉富村
旗本領(その他) 2村 屋形村、下吉富村
旗本領(交代寄合池田氏・その他) 1村 柏尾村
藩領 播磨姫路藩 63村 下砥堀村、上砥堀村、藪田村、曽坂村、砂川村、津熊村、金竹村、栗橋村、橋爪村、下仁豊野村[2]、重国村、酒井村、岩屋村、黒田新村、細野村、太尾村、○江鮒村、鍛冶内村、仁色村、牧野村、中野村、下垣内村、上野村、西山田村、東多田村、西多田村、御立村、三又村、宮脇村、八幡新村、鍛冶屋村、庄村、小倉村、余田村、中島村、長目村、八反田村、吉田村、西光寺村、南大貫村、西大貫村、亀坪新村、東大貫村、大門村、●加治谷村、北野村、田尻村、西野々村、辻川村、井ノ口村、西田中村、保喜村、北田中村、上田中村、○下瀬加村、上瀬加村、東川辺村、西川辺村、浅野村、西小畑村、東小畑村、上牛尾村、下牛尾村
幕府領・藩領 幕府領・姫路藩 1村 北山田村
1.大山村 2.粟賀村 3.川辺村 4.瀬加村 5.田原村 6.八千種村 7.船津村 8.山田村 9.豊富村 10.砥堀村(紫:姫路市 桃:神崎郡福崎町 赤:神崎郡市川町 橙:神崎郡神河町 11 - 17は神西郡 18は多可郡)
  • 慶応4年
  • 明治2年(1869年) - 旗本領(その他)が兵庫県の管轄となる。
  • 明治3年(1870年
  • 明治4年
  • 明治初年 - 下砥堀村の一部が分立して風灰村となる。(78村)
  • 明治8年(1875年) - 下仁豊野村が神西郡仁豊野村に合併。仁豊野村の所属郡が本郡に変更。
  • 明治9年(1876年8月21日 - 第2次府県統合により兵庫県の管轄となる。同年に下記の各村の統合が行われる。(65村)
    • 八千種村 ← 鍛冶屋村、庄村、小倉村、余田村
    • 南田原村 ← 中島村、長目村、八反田村、吉田村、西光寺村、西野々村
    • 東田原村 ← 亀坪新村、大門村、加治谷村
    • 西田原村 ← 北野村、田尻村、辻川村、井ノ口村
    • 仁色村の一部(仁色新田)が神西郡中野村と合併して神西郡中仁野村となる。
  • 明治11年(1878年) - 下記の各村の統合が行われる。(39村)
    • 吉富村 ← 下吉富村、上吉富村
    • 砥堀村 ← 下砥堀村、上砥堀村、風灰村
    • 御蔭村 ← 藪田村、曽坂村、砂川村、金竹村、栗橋村、橋爪村
    • 豊富村 ← 津熊村、重国村、酒井村、太尾村、江鮒村、鍛冶内村
    • 神谷村 ← 岩屋村、黒田新村、細野村
    • 船津村 ← 仁色村、中野村、下垣内村、上野村、御立村、三又村、宮脇村、八幡新村
    • 多田村 ← 東多田村、西多田村
    • 大貫村 ← 南大貫村、西大貫村、東大貫村
    • 小畑村 ← 西小畑村、東小畑村
  • 明治12年(1879年1月8日 - 郡区町村編制法の兵庫県での施行により、行政区画としての神東郡が発足。「神東神西郡役所」が屋形村に設置され、神西郡とともに管轄。
  • 明治15年(1882年) - 多可郡大山村・猪篠村の所属郡が本郡に変更。(41村)
  • 明治19年(1886年) - 「神東神西郡役所」が後の田原村に移転。
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(10村)
    • 大山村 ← 吉富村、大山村、猪篠村(現・神崎郡神河町)
    • 粟賀村 ← 粟賀村、中村、山田村、根宇野村、福本村、東柏尾村[3]、加納村、柏尾村、貝野村、寺野村(現・神崎郡神河町)
    • 川辺村 ← 屋形村、浅野村、西川辺村、東川辺村、小畑村、西田中村、上田中村、北田中村、保喜村(現・神崎郡市川町)
    • 瀬加村 ← 上牛尾村、下牛尾村、上瀬加村、下瀬加村(現・神崎郡市川町)
    • 田原村 ← 西田原村、東田原村、南田原村(現・神崎郡福崎町)
    • 八千種村 ← 大貫村、八千種村(現・神崎郡福崎町)
    • 船津村(単独村制。現・姫路市)
    • 山田村 ← 牧野村、西山田村、南山田村、北山田村、多田村(現・姫路市)
    • 豊富村 ← 豊富村、御蔭村、神谷村(現・姫路市)
    • 砥堀村 ← 仁豊野村、砥堀村(現・姫路市)
  • 明治29年(1896年4月1日 - 郡制の施行のため、「神東神西郡役所」の管轄地域をもって神崎郡が発足。同日神東郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  2. ^ 記載は仁豊野村新田。
  3. ^ 柏尾村のうち。本項では村数に数えない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
神崎郡
行政区の変遷
- 1896年
次代:
神崎郡