小倉家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小倉家
家紋
みぎみつともえ
右三つ巴
本姓 藤原北家閑院流洞院庶流
家祖 小倉公雄
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 小倉実起
凡例 / Category:日本の氏族

小倉家(おぐらけ)は、羽林家家格を有する公家藤原北家閑院流西園寺家一門の洞院家庶流。家業は神楽江戸時代の家禄は150明治維新後、子爵

鎌倉時代洞院実雄の二男、権中納言公雄が創設する。

明治維新後の1884年明治17年)7月8日英季に子爵の位を授けられた。


系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
洞院実雄
 
 
 
小倉公雄1
 
 
 
実教2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季孝季雄富小路公脩3季長
 
 
 
 
 
実遠小倉実名4
 
 
 
公種5
 
 
 
実右6[1]
 
 
 
季種7[2]
 
 
 
公右8
 
 
 
季藤9
 
 
 
公根10[3]
 
 
 
実為11
 
 
 
実起12[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公連13熙季
 
 
 
実躬14
 
 
 
熙季15[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季永16[6]有季[7]公映[8]宜季[9]
 
 
 
宜季17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貢季18増季
 
 
 
見季19
 
 
 
豊季20
 
 
 
随季21[10]
 
 
 
輔季22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長季23[11]窿季錦小路頼言古谷道俊河原林岡麿枝吉歌麿八条隆邦橋本寛麿常麿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
英季24西四辻公堯
 
 
 
義季25

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の小倉家領は以下の通り。(5村・149石9斗4合)

  • 山城国愛宕郡田中村のうち - 43石8升
  • 山城国葛野郡小北山村のうち - 43石4斗5合
  • 山城国葛野郡松原村のうち - 6石5斗9升5合
  • 山城国乙訓郡寺戸村のうち - 16石8斗6升9合
  • 山城国紀伊郡東福寺村のうち - 39石9斗5升5合

脚注[編集]

  1. ^ 正親町実秀の子。
  2. ^ 正親町持季の子。
  3. ^ 表向きは三条実教の子とされるが、父親が誰なのかは不詳。
  4. ^ 藪嗣良の3男。
  5. ^ 実起の子で公連弟。小倉事件で配流されたがのち赦免され、断絶した小倉家を再興する。
  6. ^ 水無瀬兼豊の子。
  7. ^ 清水谷実業の子。
  8. ^ 押小路公音の子。
  9. ^ 西園寺致季の子。
  10. ^ 今出川尚季の2男。
  11. ^ 橋本実久の4男。

関連項目[編集]