長谷家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷家
No image available.svg
蝶?梶の葉?
本姓 桓武平氏高棟王流
西洞院庶流
家祖 長谷忠康
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 長谷信篤
凡例 / Category:日本の氏族

長谷家(ながたにけ)は桓武平氏高棟王流で、西洞院時慶従二位参議)(1552年 - 1640年)の五男長谷忠康正三位民部大輔)(1612年 - 1669年)を祖とする堂上家

後水尾天皇の側近だった西洞院時直(従二位・参議)(1584年 - 1636年)及び平松時庸(従二位・権中納言)(1599年 - 1654年)を兄とし、交野家の祖交野時貞大膳大夫)はにあたる。

家格は名家、従二位・参議を極官とする。

江戸時代の家禄は30石。明治維新後は信篤子爵に叙せられた。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
西洞院時慶
 
 
 
長谷忠康1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時茂2 時充 忠能
 
 
 
時充3
 
 
 
忠能4
 
 
 
範量5[1]
(範成)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
範篤6[2] 範昌7[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
範高8 交野時永
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時息[4] 信昌9[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信行10 信好
 
 
 
信好11
 
 
 
信篤12[6]
 
 
 
信成13
 
 
 
信道14
 
 
 
信昊15

脚注[編集]

  1. ^ 西洞院時成の5男。
  2. ^ 西洞院時成の末男。西洞院家を相続。
  3. ^ 河鰭実陳の3男。
  4. ^ 平松言時の末男。
  5. ^ 石井行忠の子。
  6. ^ 高倉永雅の子。

参考文献[編集]