竹内家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
竹内家
家紋
ささりんどう
笹竜胆
本姓 清和源氏義光流平賀庶流
家祖 竹内氏治
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 竹内季治
竹内惟庸
支流、分家 垪和竹内氏武家士族
垪和杉山氏(武家・士族)
凡例 / Category:日本の氏族

竹内家(たけのうちけ)は公家のひとつ。本姓源氏。いわゆる堂上源氏家系清和源氏の一家系・河内源氏傍流の信濃源氏平賀氏の一族の流れである。家格半家家業弓箭和歌


概要[編集]

大内惟信の系統である竹内信治左近将監)・氏治(竹内大夫)父子が竹内を称したのに始まる。

久我家諸大夫だった氏治の子孫の正三位大膳大夫季治1518年1571年)が足利義輝執奏によって堂上家に加えられた。しかし季治は織田信長のことを「熟したイチジクの如く木より地上に落ちるだろう」と評したために信長の逆鱗に触れ、元亀2年(1571年)に近江永原で斬首された[1]

竹内惟庸冷泉派の歌人で歌道の名人として知られた。その継嗣・惟永以後は冷泉家一門の藤谷家からの養子が続き、冷泉派和歌の家となった。

極位極官正三位非参議だったが、孝治(惟庸の祖父)、惟庸、惟永は特に従二位に叙されている。

江戸時代の家禄は187明治維新後に華族として治則子爵に叙せられた。

系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の竹内家領は以下の通り。(7村・187石9斗8升7合)

  • 山城国葛野郡梅小路村のうち - 72石6升
  • 山城国乙訓郡樋爪村のうち - 11石2升7合
  • 山城国乙訓郡大山崎庄のうち - 11石8斗
  • 山城国乙訓郡石見上里村のうち - 45石8斗
  • 山城国乙訓郡大原野村のうち - 10石2斗4升
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 9石4斗6升
  • 山城国綴喜郡八幡庄 - 27石6斗

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]