錦小路家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
錦小路家
家紋
うめ
本姓 丹波宿禰嫡流
家祖 錦小路幸基
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 錦小路頼徳
支流、分家 小森家地下家
凡例 / Category:日本の氏族

錦小路家(にしきこうじけ)は、丹波氏公家家格半家室町時代丹波重直の子・錦小路幸基を祖とする。5代盛直の時に中絶するが、江戸時代前期の宮内大輔舟橋頼季の子・頼庸が入って再興する。家業は医道。江戸時代家禄御蔵米30石[1]

幕末頼徳尊皇攘夷派として活躍するが、八月十八日の政変で失脚して三条実美らとともに長州に下った七卿落ちの公家の一人。明治維新後、在明子爵に叙せられた。その養子の頼孝貴族院議員(有爵者互選議員)を務めた[2]



系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
丹波氏
丹波篤基
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
錦小路長直錦小路篤直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
篤直直房重直
 
 
幸基
 
 
篤忠
 
 
定基
 
 
秀直
 
 
盛直
 
 
〔中絶〕
 
 
頼庸[3]
 
 
尚秀[4]
 
 
頼尚
 
 
頼理
 
 
頼易
 
 
頼徳[5]
 
 
頼言[6]
 
 
益子
 
 
在明[7]
 
 
頼孝[8]

補注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)錦小路 (日本語)
  2. ^ 錦小路家(半家) (日本語)
  3. ^ 小森頼季の子
  4. ^ 岡崎国久の子
  5. ^ 豊岡治資の子で、唐橋在久の養子
  6. ^ 小倉輔季の六男
  7. ^ 唐橋在綱の四男、益子の婿養子
  8. ^ 唐橋在正の五男

参考文献[編集]

外部リンク[編集]