東久世家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東久世家
家紋
笹竜胆ささりんどう
本姓 村上源氏久我流
家祖 久我通廉
種別 公家羽林家
華族伯爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 東久世祖秀
東久世通禧
支流、分家 東久世家 分家(華族男爵))
凡例 / Category:日本の氏族

東久世家(ひがしくぜけ)は、羽林家の家格を有する公家村上源氏久我流。家紋は笹竜胆。30石3人扶持。江戸時代初期に創設された新家明治維新後、伯爵

権大納言久我通堅の三男・参議久我通廉によって江戸時代当初に創設されたというが、その他、東久世家の起源には諸説あり、通廉を通堅の子東久世祖秀下津俸庵)の子とする説や、または、祖秀は久我晴通の孫で、祖秀の孫が通廉とする説などがある。祖秀は武士になり、加藤清正に仕えていたが、後に帰洛したらしい。

幕末通禧は、尊王攘夷派の少壮公家の一人で、文久3年(1863年八月十八日の政変後に「七卿落ち」を余儀なくされた。明治維新後、通禧は外国事務総督、神奈川府知事、開拓使長官、侍従長元老院副議長、貴族院副議長、枢密院副議長を歴任した。

明治17年(1884年)東久世家は通禧が伯爵に叙された。叙爵基準に照らせば羽林家として子爵が妥当だったが、通禧の勲功が特別に考慮された。また通禧の四男・東久世秀雄男爵に叙されている。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
久我通廉
 
 
東久世博高
 
 
博胤
 
 
通積[1]
 
 
通武
 
 
通庸
 
 
通岑
 
 
通徳
 
 
通禧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通敏[男爵家]
秀雄
 
 
通忠

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 久我通兄の子。