千種家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千種家
家紋
竜胆
本姓 村上源氏久我流岩倉家庶流
家祖 千種有能
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 千種有功
支流、分家 植松家羽林家
凡例 / Category:日本の氏族

千種家(ちぐさけ)は、羽林家の家格を有する公家村上源氏久我流岩倉家庶流。堂上源氏十家の一つ。久我晴通の孫で、岩倉具尭の四男有能を家祖とする。家名は、南北朝時代六条家から分家した千種忠顕に因むか(別系を参照のこと)。


概要[編集]

家業は有職故実和歌一条家家礼。家禄は本家岩倉家と同じ150石。内々。菩提所は黒谷上雲院

家祖有能の従姉・久我俊子(名は岡、のち新大納言局)は初め六条有広に嫁し、早世した実子有清の嗣として有能を六条家に迎えようとしたが、これが叶わなかったため、有広と離別した俊子が東福門院に願い出たところ、女院の執奏に基づき、有能は久我通前猶子として新家を創設した。有能は正二位権大納言に昇り、以後はこれを先途とする。有能・有維有政議奏武家伝奏を務め、朝廷の重職を担った。有功は書画に堪能で、堂上歌壇における新風の歌人としても有名である。幕末有文公武合体派の公家として和宮降嫁の実現に尽力したため、尊皇攘夷派に弾劾されて文久2年(1862年)に辞官・落飾したが、王政復古の際に赦免されて還俗し、明治新政府に出仕している。その子有任は維新前後に活躍し、その女任子明治天皇に仕えて二皇女を生んだ。明治17年(1884年)有任が子爵を授けられる。

歴代当主[編集]

  1. 千種有能(1615年 - 1687年)
  2. 千種有維(1638年 - 1693年)
  3. 千種有敬(1687年 - 1738年)
  4. 千種有補(1717年 - 1762年)
  5. 千種有政(1743年 - 1812年)
  6. 千種有条(1763年 - 1813年)
  7. 千種有秀(1793年 - 1807年)
  8. 千種有功(1796年 - 1854年)
  9. 千種有名(1815年 - 1833年)
  10. 千種有文(1818年 - 1869年)
  11. 千種有顕(1829年 - 1846年)
  12. 千種有任(1836年 - 1892年)
  13. 千種有梁(1858年 - 1906年)
  14. 千種有秀(1903年 - 1969年)
  15. 千種有博(1946年 - )
  16. 千種有綱(1972年 - )

系譜[編集]

別系[編集]

村上源氏久我流六条家庶流。六条有忠の子忠顕を家祖とする。北勢四十八家の首班千種氏はこの末裔と伝えられるが、系譜は定かでない。