岩倉乗具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩倉 乗具(いわくら のりとも、寛文6年8月29日1666年9月27日) - 享保15年8月23日1730年10月4日))は、江戸時代前期から中期の公卿霊元天皇(112代)東山天皇(113代)中御門天皇(114代)の三代にわたり朝廷に仕え、官位は正二位権大納言まで昇った。実父は千種有維。養父は岩倉具詮。子に岩倉恒具千種有敬植松賞雅がいる。

初名は具統。千種家の嫡男だったが、千種家は岩倉家の分家筋にあたるため、子のない本家の具詮の養子に入って岩倉家を継いだ。延宝8年(1680年)に元服とともに叙爵。以降、右少将右中将などの官職をつとめ、官位も累進し、元禄16年(1703年)には従三位となり、公卿に列する。宝永4年(1707年)には具偈と改名し、参議となった。正徳3年(1713年)に従二位権中納言享保4年(1719年)に乗具と改名。享保9年(1724年)に羽林家最高位の権大納言に就任。享保10年(1725年)には正二位となった。

次男有敬を実父有維、三男賞雅を植松雅孝の養子に入れている。

先代:
岩倉具成
岩倉家
第5代
次代:
岩倉恒具