久我晴通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
久我晴通
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正16年(1519年
死没 天正3年3月13日1575年4月23日
官位 正二位権大納言右近衛大将
主君 後奈良天皇
氏族 近衛家久我家
父母 父:近衛尚通、母:徳大寺維子
養父:久我通言
兄弟 花屋理春、近衛殿、近衛稙家、義俊、
覚誉、道増、慶寿院晴通
武田元光娘、鴨祝秀顕
通堅、空辰、等潤、三休岩倉具堯
奈多直基近衛前久正室、瑞光院、
興春院
テンプレートを表示

久我 晴通(こが はるみち/はれみち)は、戦国時代公卿太政大臣近衛尚通の次男。右大臣久我通言の養子。官位正二位権大納言右近衛大将。「晴」の字は姉・慶寿院の夫でもある12代将軍・足利義晴からの偏諱と思われる。

経歴[編集]

永正16年(1519年) 、近衛尚通(関白・太政大臣)の次男として誕生。久我邦通(権大納言)が嗣子無く没したので、邦通の父・通言の養子に入った。

天文2年(1533年)に叙爵して元服、侍従に列した。その後も右近衛少将右近衛中将を歴任し、天文5年(1536年)に従三位権中納言となった。またこの年に源氏長者となり、奨学院別当に任命された。

天文12年(1543年)、権大納言となり、さらに天文14年(1545年)に淳和院の別当となる。

天文22年(1553年)、右近衛大将となるが、この年に突然出家して朝廷を去った。35歳の若さであった。山科言継の『言継卿記』(天文22年4月9日条)には、世間の事について実姉である慶寿院(足利義輝の生母)と言い争ったことが原因で出家したという。その後は宮廷に復帰する事は無かったものの、義輝に近侍していた点では変わりがなかったようである[1][2]

男子のうち、長男・通堅が久我家を継ぎ、次男・具堯は分家して岩倉家を興した。その岩倉家の系譜上の子孫が岩倉具視(別の公家堀河家からの養子)である。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高梨真行「将軍足利義輝の側近衆-外戚近衛一族と門跡の活動-」(初出:『立正史学』4号(1998年)/所収:木下昌規 編『シリーズ・室町幕府の研究 第四巻 足利義輝』(戎光祥出版、2018年) ISBN 978-4-86403-303-9
  2. ^ 木下昌規「総論 足利義輝政権の研究」木下昌規 編『シリーズ・室町幕府の研究 第四巻 足利義輝』(戎光祥出版、2018年) ISBN 978-4-86403-303-9) P32.