慶寿院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

慶寿院(けいじゅいん、永正11年(1514年) - 永禄8年5月19日1565年6月17日))は、室町幕府第12代将軍足利義晴正室関白近衛尚通の娘。生母・実名については不詳[1]。第13代将軍義輝及び第15代将軍義昭の生母。

天文3年6月8日1534年7月18日)に足利義晴との婚姻の儀が行われる。当日は雷を伴う夕立の中で儀式が行われたという(『御湯殿上日記』)。足利将軍家の正室は足利義満以来、日野家から迎えられてきたが、ここにおいて初めて摂関家から正室を迎えたのである。この事情について、尚通の正室・徳大寺維子徳大寺実淳の娘)と縁戚であった細川高国が推進したとする説がある。足利義晴の生母は実は出自も不明な低い身分の女性であったとする説[2]があり、義晴は有力な外戚を持てなかったこと[3]、近衛尚通も日野家が将軍家との婚姻で力を持つことに不満を抱いていたこと[4]、この双方の思惑の一致から大物崩れによる高国の滅亡後も婚約が維持されたとみられている。なお、当時の義晴は戦乱の影響で六角定頼の本拠地観音寺城の近くにあった桑実寺に仮の御所を設けていた[5]

天文5年3月10日1536年3月31日)に南禅寺において嫡男である義輝を生む。天文15年12月20日1547年1月11日)に義晴が義輝に将軍職を譲る。天文19年5月4日1550年5月20日)、義晴は亡命先の近江国にて「水腫」のために病死(『言継卿記』)し、間もなく彼女も出家して慶寿院と号した(『続応仁後記』天文19年5月9日条)。

その後、慶寿院は若い義輝の後見人として政務の場にも登場するようになる。既に義晴の将軍在職中より、兄・稙家とともに政務への関与を裏付ける記録が『披露事記録』や『大舘常興日記』に見られる。また、大内氏家臣杉興重の官途についても彼女から内談衆への働きかけがあったという。また、義輝に所領を押領された山科言継が頼ったのも稙家及び慶寿院であり、『言継卿記』の天文17年(1547年)5月25-30日条には御礼のために近江を訪れ、その際に稙家夫妻と慶寿院に薬を献上したことが記されている。更に甥近衛前久東国下向の背景には将軍家及び朝廷の再興を図るために長尾景虎上洛に期待する慶寿院の関与もあったとする見方もある。

だが、永禄8年(1565年)、三好三人衆二条御所の足利義輝の二条御所を襲撃した際に義輝は討死、慶寿院も自ら火中に身を投じて自害をしたのである(永禄の変)。

脚注[編集]

  1. ^ 足利義輝誕生の際に尚通正室の維子徳大寺実淳の娘)が見舞いに訪れているが、彼女所生が確認される7人の子女の中に慶寿院は確認できない(湯川、2005年、P64-66)。
  2. ^ 『菅別記』
  3. ^ 設楽薫 「将軍足利義晴の嗣立と大館常興の登場」『足利義晴』 木下昌規 編 、思文閣出版〈シリーズ・室町幕府の研究3〉、2017年。ISBN 978-4-86403-253-7。(初出は『日本歴史』631号(2000年))
  4. ^ 木村真美子「大覚寺義俊と近衛家」(『室町時代研究』3(2011年))
  5. ^ 木下昌規 「総論 足利義晴政権の研究」『足利義晴』 木下昌規 編 、思文閣出版〈シリーズ・室町幕府の研究3〉、2017年。ISBN 978-4-86403-253-7

参考文献[編集]

  • 湯川敏治「中世公家家族の一側面 -「尚通公記」の生見玉行事を中心に-」(初出:『ヒストリア』91号(大阪歴史学会、1981年6月)・所収:湯川『戦国期公家社会と荘園経済』(続群書類従完成会、2005年) ISBN 978-4-7971-0744-9 第1部第2章)
  • 湯川敏治「足利義晴将軍期の近衛家の動向 -稙家と妹義晴室-」(初出:『日本歴史』604号(吉川弘文館、1998年9月)・所収:上掲書 第1部第4章)