久我通宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
久我通宣
時代 南北朝時代 - 室町時代前期
生誕 文中2年/応安6年(1373年
死没 永享5年8月15日1433年9月28日
官位 正二位権大納言
主君 後亀山天皇後小松天皇称光天皇
氏族 久我家
父母 父:久我具通、母:徳大寺公清の娘
兄弟 通明通宣
清通、守遍、隆雅
テンプレートを表示

久我 通宣(こが みちのぶ)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての公卿太政大臣久我具通の子。官位正二位権大納言

経歴[編集]

陸奥権守権中納言を経て、応永3年(1396年)に正三位権大納言となり、淳和院別当となる。応永6年(1399年)に権大納言を辞す。応永10年(1403年)再度権大納言となる。

応永22年(1415年)権大納言を辞職。応永26年(1419年)に46歳で出家した。