久我通誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久我 通誠(こが みちとも、万治3年1月27日1660年3月8日) - 享保4年7月7日1719年8月22日))は、江戸時代前期から中期の公卿。初名は時通、通縁、通規。主に霊元天皇(112代)・東山天皇(113代)・中御門天皇(114代)の三代にわたり朝廷につかえ、官位は従一位内大臣まで進んだ。父は久我広通。母は伏見宮貞清親王の王女・梅子女王。兄に久我通名。正室に千種有維の娘。息子に久我惟通。養女に伊達吉村室・冬姫(兄・通名の娘)がいる。

病弱な兄に代わり久我家の嫡男となった。寛文3年(1663年)に叙爵。以降累進し、侍従左近衛中将を経て、延宝3年(1675年)に従三位となり公卿に列した。踏歌節会外弁・権中納言権大納言・神宮伝奏・踏歌節会内弁などをつとめた。宝永5年(1708年)には東山天皇の中宮幸子女王の中宮大夫となった。同年右近衛大将。宝永6年(1709年)から正徳元年(1711年)までの間内大臣をつとめた。この間従一位に昇進。

関連項目[編集]