久我惟通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久我惟通(こが これみち、貞享4年10月30日1687年12月4日) - 寛延元年9月29日1748年10月21日))は、江戸時代中期の公卿。主に東山天皇(113代)・中御門天皇(114代)・桜町天皇(115代)の三帝にわたって仕え、官位は従一位右大臣まで昇った。初名は輔通。父は内大臣久我通誠。母は権大納言千種有維の娘。妻は熊本藩細川綱利の養女(熊本新田藩細川利重の娘)。子に右大臣久我通兄がいる。

元禄6年(1693年)に叙爵し、以降清華家当主として速いスピードで昇進し、侍従左近衛少将左近衛中将を経て、元禄15年(1702年)に従三位となり、公卿に列する。権中納言を経て正徳元年(1711年)に神宮伝奏となる。正徳4年(1714年)に権大納言に任じられる。享保12年(1727年右近衛大将右馬寮御監に就任する。享保15年(1730年)には右近衛大将を辞職して内大臣に転じる。元文元年(1736年)まで務めた。延享2年(1745年)に右大臣に任ぜられるも辞した。

関連項目[編集]