久我通久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久我通久

久我 通久(こが みちつね、天保12年11月28日1842年1月9日) - 大正14年(1925年1月10日)は幕末公卿明治大正時代華族政治家侯爵[1]。貴族院議員[1]。元老院議官、宮中顧問官、宗秩寮総裁、東京府知事などを歴任。和歌書道謡曲歌詞などに堪能な趣味人としても知られた。

経歴[編集]

京都出身。内大臣久我建通の長男。母は後藤言中の娘の松島。

嘉永元年(1848年)、従五位下。嘉永2年(1849年)、従五位上。嘉永3年(1850年)、正五位下。嘉永4年(1851年)、従四位下。嘉永5年(1852年)、従四位上侍従。嘉永6年(1853年)、正四位下安政元年(1854年)、元服、左近衛権少将。安政2年(1855年)、御遷幸に左少将朝臣として参加。安政4年(1857年)、右近衛権中将。安政5年(1858年)、従三位。安政6年(1859年)、正三位万延元年(1860年)、踏歌外弁。慶応3年(1867年)、権中納言

明治元年(1868年)1月、明治新政府参与。2月、権大納言大和国鎮撫総督となる。7月、東北遊撃軍将。8月、海路越後国に赴き、奥羽鎮撫惣督を援け、転戦して鶴岡に至り、東北平定。11月、東京に凱旋。三等陸軍将。明治2年(1869年)3月、箱館軍の内地侵入を防ぐため鎮撫惣督として仙台に至り、騒擾を鎮定。7月、陸軍少将。11月、兵部少輔。その後、元老院議官などを歴任。

明治17年(1884年)、侯爵。明治23年(1890年)10月20日、麝香間祗候となる[2]。その後、宮中顧問官東京府知事宗秩寮総裁などを歴任。明治36年(1903年)6月、従一位1908年12月11日、再び麝香間祗候となる[3]

大正14年(1925年1月10日歿。享年84。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

久我家[編集]

京都府、東京牛込新小川町[1](現東京都新宿区))
文化12年(1815年)生 - 明治36年(1903年)9月没
明治6年(1873年)生[8] - 昭和25年(1950年)没[8]
明治32年(1899年)5月生[1] - 没
通顕[1](庶子男常通庶子男、生母・東京平民鬼頭まさ[1]、侯爵、貴族院議員)
通秀(男爵津守國榮の養子となる[9]
通利[9](経営評論家)
ミチ子[1]北海道五十嵐佐市に嫁す[9]
千萬子(東京府人仙石吉之助の養子となる[9]
松子(東京府人中根半湖長男克に嫁す[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『人事興信録. 4版』(大正4年)コ四一
  2. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  3. ^ 『官報』第7640号、明治41年12月12日。
  4. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  5. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  6. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  7. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  8. ^ a b 『日本の名家』239頁
  9. ^ a b c d e 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)上コ一一九


公職
先代:
三浦安
東京都の旗 東京府知事
第14代:1896年3月14日 - 1897年10月12日
次代:
岡部長職
日本の爵位
先代:
叙爵
侯爵
久我家初代
1884年 - 1921年
次代:
久我常通