川西實三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川西 實三
Kawanishi Jitsuzo.jpg
生誕 (1889-01-02) 1889年1月2日
兵庫県神戸市
死没 (1978-03-03) 1978年3月3日(89歳没)
出身校 東京帝国大学
職業 中央防災会議委員
配偶者 田鶴子
子供 薫、進、剛

川西 實三(かわにし じつぞう、1889年明治21年)1月2日 - 1978年(昭和53年)3月3日)は、日本赤十字社社長などを務めた内務官僚。労働問題の権威として知られた。息子は英文学者・東京大学名誉教授の川西進[1]。義兄に、三谷隆正三谷隆信新渡戸稲造を師と仰いだ。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 感銘録 社会保険新報社 1974.6

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 斎藤兆史「受け継がれる教養教育」『教養学部報』2011年10月5日
  2. ^ 『朝日新聞』1946年9月26日一面。
  3. ^ 『朝日新聞』1951年8月7日朝刊二面。

参考文献[編集]

  • 東京都公文書館編『東京都職制沿革』東京都情報連絡室情報公開部都民情報課、1986年