福本柳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福本 柳一(ふくもと りゅういち、1896年明治29年)8月10日 - 1991年平成3年)2月1日)は、日本の内務官僚実業家。官選県知事全日本空輸副社長。

経歴[編集]

農業・福本万右衛門の二男として岡山県上房郡川面村(現:高梁市)で生まれる。高梁中学第六高等学校を経て、1922年3月、東京帝国大学法学部法律学科(英法)を卒業。1921年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1922年5月、司法官試補となり横浜地方裁判所に配属され、さらに東京地方裁判所で勤務。

1923年11月、帝都復興院属に転じた。以後、神奈川県橘樹郡長、同県社会課・社会教育課・工場課・水産課・庶務課の各課長、福井県書記官警察部長、新潟県書記官・警察部長、内務省社会局軍事扶助課長、厚生省書記官、内務省土木局道路課長、同警保局図書課長、情報局第四部長などを歴任。

1942年7月、愛媛県知事に就任。1943年7月、東京都経済局長に転じた。1944年8月、埼玉県知事となり、終戦後の1945年8月に愛知県知事に転じた。1946年1月、東海北陸地方行政事務局長となるが、同年、公職追放となり退官した。

その後、自転車協議会理事長、大栄漁業株式会社社長を経て、全日空副社長を務めた。

著作[編集]

  • 『私の人生行路』福本柳一、1987年。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 松本洋幸「展示余話 最後の橘樹郡長・福本柳一」『開港のひろば』第76号、横浜開港資料館、2002年。
  • 内閣「福本柳一ヲ復興院属ニ任用シ判任官初任俸給制限外支給ノ件」大正12年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-014-00・纂01673100