中村時広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
中村 時広
なかむら ときひろ
中村時広
2013年2月1日、名古屋市にて撮影
生年月日 (1960-01-25) 1960年1月25日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 愛媛県松山市
出身校 慶應義塾大学法学部法律学科
前職 三菱商事従業員
所属政党 日本新党→)
新進党→)
無所属
称号 修士
法学士
公式サイト 愛媛県知事 - 中村時広 オフィシャルウェブサイト

愛媛県の旗 公選第17・18代 愛媛県知事
当選回数 2回
在任期間 2010年12月1日 - 現職

Flag of Matsuyama, Ehime.svg 第27・28・29代 松山市長
当選回数 3回
在任期間 1999年5月2日 - 2010年10月21日

選挙区 旧愛媛1区
当選回数 1回
在任期間 1993年7月18日 - 1996年9月27日

当選回数 1回
在任期間 1987年 - 1990年
テンプレートを表示

中村 時広(なかむら ときひろ、1960年1月25日 - )は、日本政治家愛媛県知事(公選第17・18代)。松山市長(第27・28・29代)、衆議院議員(1期)、愛媛県議会議員(1期)を務めた。

元松山市長の中村時雄は父。

来歴[編集]

愛媛県松山市生まれ[1]慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部慶應義塾高等学校慶應義塾大学法学部法律学科卒業。1982年三菱商事に入社し、燃料部に配属される[2]

1987年愛媛県議会議員選挙に出馬し、初当選した。1990年、1期目の任期途中で愛媛県議を辞職し、第39回衆議院議員総選挙旧愛媛1区(定数3)から無所属で出馬したが、得票数5位で落選。その後日本新党に参加し、1993年第40回衆議院議員総選挙では日本新党公認で旧愛媛1区から出馬。日本社会党前職の宇都宮真由美に約7千票差で競り勝ち、得票数3位で当選した。1994年、日本新党解党により新進党に合流。1996年第41回衆議院議員総選挙では、新進党公認で愛媛1区から出馬したが、自由民主党前職の関谷勝嗣に約5千票差で敗れ、落選した。

松山市長[編集]

1999年松山市長選[編集]

保守地盤が厚い愛媛から中村が国政復帰することは困難と思われていた。そのような中で市民グループや一部市議から中村を松山市長に推す声が高まり、中村は1999年の松山市長選挙に立候補する。しかし、3選を目指す現職の田中誠一は自民党・社民党・民主党・民社協会の各支部から支持・推薦を取り付け、オール与党体制で選挙戦を展開した。田中はかつて助役として仕えていた市長の中村時雄に反旗を翻し落選に追いやっており、親子二代にわたる因縁の対決とする見方もあった。

中村は単なる新人ではなく、父親が松山市長で自らも元国会議員であるという政治的資産を持っていた。これは「草の根保守」が強く、個別の人間関係の影響が大きい愛媛での選挙戦では有利に働いた。また、愛媛県知事に就任したばかりの加戸守行が「一市民として」中村への支持を表明したことは、県政と市政の繋がりを重視する層や政治的関心の薄い層の間に中村支持を広げることになったと分析されている。県知事選の余韻が残っていたことも中村の追い風になった。一方の田中は組織戦重視の選挙戦を展開し、町内会レベルにまで支持・推薦を求め、2月の段階で800もの組織から支援を受けていた。しかし、松山はすでに都市化が進み、組織票が弱まっていた。結果、この市長選では中村が現職の田中を下し、松山市長に就任した[3][4]

中村市政[編集]

中村は39歳と歴代の松山市長と比べてかなり若かった[5][6]。また、当時は今治市越智忍西条市伊藤宏太郎四国中央市井原巧と、松山以東の市町村では中村以外にも世襲の市長が多かった[7]。中村はオール与党体制を構築し、市長選では連続当選で3期11年もの間市長を務める。

中村は司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』をモチーフに「坂の上の雲のまちづくり」を展開し、30億円かけて2007年に坂の上の雲ミュージアムを開設した。この「まちづくり」については、市長主導の政策で市民の多くは無関心だったとされているが、NHKドラマ化したことで、市民の間に認知が進んだとされる[8]。しかし、この観光振興による地域活性化は上手くいかず、松山経済の地盤沈下は進展したと評される[9]

坊っちゃんスタジアムへのオールスターゲーム誘致や、フィールド・ミュージアムの考えを取り入れた。また松山市役所の行政改革にも取り組み、2000年には四国で初の総合窓口を導入し、2006年にはコールセンターを開設した。中村の市長在任中、松山市は四国内で1位かつ唯一の50万都市だったが、積極拡大政策により政令指定都市を目指したり、道州制導入後の州都を目指す考えは示さなかった(周辺に大きな都市がなく、合併を重ねても、人口規模拡大は現実的に困難であるため)。

2009年8月には大阪府知事橋下徹らとともに、「首長連合」として第45回衆議院議員総選挙民主党を支持すると表明した[10]。。

愛媛県知事[編集]

2010年9月、愛媛県知事の加戸が任期を2ヶ月残して辞任。それに伴う愛媛県知事選挙への出馬を表明し、10月21日に松山市議会議長に対して、辞職願を提出した[11]。また松山市議会の会派である松山維新の会からも推薦を受けた[12]。愛媛県知事選では、加戸前知事の事実上の後継候補であったため、自民党をはじめ県議会に議席を有する各政党から支援を受けた一方で、中村の辞職に伴う松山市長選挙では、自民党愛媛県連が候補を擁立したのに対し、中村は自身の後継候補である野志克仁を支援した[13]11月28日投開票の愛媛県知事・松山市長のダブル選挙において、知事選では中村が、市長選では中村が擁立した野志が当選した[14]。こうして中村は愛媛県政と松山市政を一気に掌握した[15]

2012年9月2日、自身が代表を務める政治塾「えひめ志高塾」を開講した。2014年11月の愛媛県知事選挙では、自由民主党・民主党の県連の推薦、みんなの党社会民主党の地方組織の支援を受け、愛媛県知事に再選された[16]

人物[編集]

  • 趣味は読書、スキー、バトミントン。
  • 自転車文化の普及に熱心であり、「石鎚ヒルクライム」や「しまなみサイクリング」のイベント開催に尽力した。2013年のしまなみサイクリングには自身も参加し、最遠距離設定の110kmコースを完走した。
  • 2010年、中村の愛媛県知事選挙における当確を報じるテロップがNHK大河ドラマ龍馬伝』の最終回の冒頭に出され、NHKに視聴者から苦情が寄せられた。2014年の愛媛県知事選においても『軍師官兵衛』の放送時間帯に当確のテロップが出されている。
  • 「既存のものを壊すのが大好き」とされている。「同タイプ」の橋下徹から慕われており、中村が彼に「府県と県庁所在地の首長を同時に掌握するメリットなどを教えた」と報道されたこともある[17]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 愛媛県庁/知事のあいさつ
  2. ^ 愛媛県知事 - 中村時広 オフィシャルウェブサイト|TOKIHIRO.JP - プロフィール
  3. ^ 河村和徳『現代日本の地方選挙と住民意識』(慶応義塾大学出版社、2008年)153 - 173ページ
  4. ^ 市川虎彦『保守優位県の都市政治』(晃洋書房2011年)21 - 23ページ
  5. ^ 前掲市川23ページ
  6. ^ 前掲市川23ページ
  7. ^ 前掲市川74ページ
  8. ^ 前掲市川24ページ
  9. ^ 前掲市川29 - 30ページ
  10. ^ “「首長連合」は民主支持…橋下府知事ら発表”. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090811-OYT1T00878.htm 2016年6月19日閲覧。 
  11. ^ “中村市長が退職願”. 朝日新聞. (2010年10月22日). http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000331010220002 2010年10月26日閲覧。 
  12. ^ “松山維新の会 中村氏を推薦”. 朝日新聞. (2010年10月14日). http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000331010140001 2011年7月13日閲覧。 
  13. ^ “松山市長選 自民、事実上分裂へ 一本化失敗”. 毎日新聞. (2010年10月3日). http://mainichi.jp/area/ehime/archive/news/2010/10/03/20101003ddlk38010329000c.html 2010年10月26日閲覧。 
  14. ^ “愛媛県知事選 与野党相乗りの中村氏 初当選確実”. 産経新聞. (2010年11月28日). http://sankei.jp.msn.com/politics/election/101128/elc1011282126003-n1.htm 2010年11月28日閲覧。 
  15. ^ 前掲市川29ページ
  16. ^ “愛媛知事選、現職の中村時広氏が再選”. 読売新聞. (2014年11月16日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20141116-OYT1T50047.html 2015年2月28日閲覧。 
  17. ^ “ある大物知事 橋下氏と小沢氏の橋渡しで永田町入り?”. http://dot.asahi.com/wa/2012092601061.html 2016年6月19日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
加戸守行
愛媛県の旗 愛媛県知事
公選第17・18代:2010年 -
次代:
(現職)
先代:
田中誠一
Flag of Matsuyama, Ehime.svg 松山市長
第27・28・29代:1999年 - 2010年
次代:
野志克仁